2018年07月13日

猛暑の中、工房整備・・・

猛暑の中、工房整備・・・

九州北部も梅雨が明け、本格的な猛暑が到来しておりますが、
最高気温が34~36℃くらいになると、この空調の無い工房での作業は過酷さを増します。
そんな中、塗装作業を伴うご依頼が幾つか控えています。
塗装は工房でしかできません~!汗

最近、吹き付け塗装を伴うような塗装作業をしていなかったため、
まずは、工房の片付けや整備が必要です!(あちこちにガタが来てます)


 工房に着きましたが、、、やはり暑いですね~。


 工房塗装室の外壁として張っているプラダン(プラスチックダンボール)が、
 太陽光によって著しく劣化。南側壁面が、、、バリバリに!!!
 猛暑の中、気合いで張り替えであります!!


 一部手に取ってみると、、、粉々に~!汗


 ということで、、、劣化したプラダンを剥ぎます。
 こういうの見ると、久々にDIYやってる感あります(^^)


 バスッ!!バスッ!!バスッ!!っとやっていると、
 さらにDIY感が増します~(^^)


 スッキリ!! これで、、、


 いよいよミスパリ&ダンディハウス様 店舗認証楯製作へ向けての準備開始。
 この塗装作業でも激烈に暑くなりそうですが、、、こういう時には助っ人が。。。
 学生時代(バブル期)に購入したミニミニハイパワー扇風機くんです!!
 ちょうど30年経った今も健在~ホコリをきっちり拭き取って整備しました。
 フルパワーで、よろしくお願いします!!('◇')ゞ




  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 22:50Comments(0)制作日記

2018年07月05日

工房にも夏空・・・

工房にも夏空・・・

昨日は台風でしたが、糸島の工房は無事でした。。。
☆天井から落ちてきた埃がかなり落ちていましたが~。


 この青さ!夏空ですね~これは。。。
 台風一過で普通は涼しくなるものですが、
 今回は一気に夏が来た感じです!汗


 若姐さんです。これから大姐さんになることでしょう。。。(^^)


今日の工房作業は木工。
だいぶ前から宿題になってた、鞘塗りテスト用の部材加工をしておりました。



 緑豊かな中で作業するのは気持ちの良いものと、、、あらためて思います。


 ノミも用意しましたが、、、結局はカンナのみで大枠加工。。。
 削りカスがクルクルと巻いて、可愛い感じです(^^)


 ペーパーは#120→#320までかけて、、、完成!!
 この後、新たに試みる下塗り剤を一部に塗って。
 明日以降に中塗り、そして上塗りと、、、テストを重ねます。


ともかく暑くなってきました。
明日以降はまた雨が降って気温は落ち着くようですが、
今日の様子を見ていると、本格的な梅雨明けがちょっと怖くなる感じですね~。
  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 00:40Comments(0)制作日記木工

2018年06月20日

雲竜図蒔絵ギター完成・・・

雲竜図蒔絵ギター完成・・・

様々なこともあって半年以上を要しましたが、、、
雲龍図蒔絵ギターがやっと完成!!
今週初めに、ご依頼主であるギターショップ「糸島の音風」様へ納品致しました。


 ギターの全体写真です。


 龍頭部分の様子。龍は本蒔絵(金丸粉)、雲は梨子地塗り(金梨子地紛)で表現。
 龍の眼にはローズレッドの彩色を裏側に施した螺鈿を入れております。


これだけ広い面積に蒔絵を施したのは初めて。
いろんな意味で研鑽を積むことができたご依頼でした。
次なるステップアップに繋がることと思います!

  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 12:48Comments(0)制作日記漆塗り楽器装飾

2018年06月15日

ギター蒔絵は最終工程へ・・・

ギター蒔絵は最終工程へ・・・

ギター蒔絵は、やっと終盤戦に向かってきました。

蒔絵で一番手のかかっている龍は、、、
金丸粉を蒔いて乾燥させた後、生漆を浸透させて丸粉を固め、その後に摺漆。


 大枠で研ぎを入れてから、鯛牙(たいき)で丸粉の表面を潰すように撫でて磨きました。
 この作業を施すと、キラキラと丸粉が光ってきます。

雲の部分は、全て金梨子地紛での蒔絵を施していますが、
その上から梨子地漆を重ね塗りしております。
雲の流れごと(エリアごと)に塗り重ね回数や研ぎの程度を変えることで、
上塗りされた梨子地漆の厚みを変え、金梨子地紛の色味に変化をつけました。
摺漆や磨き作業でペーパー等の研ぎ足を段階的に無くしながら、艶上げに持って行きます。
 

 そして、最終工程。。。
 龍、雲、ベース黒、ギター表面全体に摺漆を施してよく乾燥させた後、
 呂色磨き粉で全体を手磨きです。


 一旦磨き上がりましたが、研ぎ足が少し目立つところを無くしたり
 艶のレベルをもう一段階上げるために、再度摺り漆と呂色磨きを施します。
 「もう一丁!」という感じでしょうか。
  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 10:27Comments(0)制作日記金箔・金粉漆塗り楽器装飾

2018年05月10日

雲の蒔絵開始・・・

雲の蒔絵開始・・・

ギター蒔絵は、いよいよ雲の金粉蒔き工程。
少しテストをした後、本番に入りました。


 粉筒は大き目のものを使用。ぼかしを付けつつ、雲どうしのバランスを考えて。。。


 蒔き終わりました。良く乾燥させてから、余分に蒔いた金粉を掃います。

金梨地紛を蒔いておりますが、この前製作した粉筒はまずまずの働きをしてくれています。
状況をよく見ながら、雰囲気良く仕上がるよう頑張ります。



 昨日は貝殻にバフがけ(磨き)を行う作業をしておりましたが、、、
 超特急で関東方面へ出荷。

それにしても、このように最近はご依頼が多岐に渡っております。
昨日遅くには貝殻に加えて木材を削る作業もしておりました。
こうした状況に伴って、様々な種類の装飾技法が必要となり、取り扱う素材も様々です。
かなり応用力が求められますが、何とかこなしてまいりましょう~。

☆お待たせしているご依頼主様には、本当に申し訳なく思っております。
 多くの手間を必要とし、難しい課題を克服しつつの制作であるため、
 もう少し猶予を頂けますと幸いです。
   


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 22:07Comments(0)制作日記金箔・金粉漆塗り楽器装飾

2018年04月25日

諸々立て込んできました・・・

諸々立て込んできました・・・

かなり久しぶりのブログ更新です。
(約1ヶ月ぶりでしょうか~汗 FBでは記事アップしておりますが。。。)

ちょっとここに来て、また立て込んできました。



 貝殻加工のお仕事も。。。
 バキバキやっております(^^;



 ギター蒔絵の制作は、絵柄の下塗りが終わり、、、


 諸々下準備した後に、やっと龍の蒔絵を開始です。
 一番の見せ所である龍の顔から。。。
 まだ先は長い感じですが、頑張りましょう。

今年の目標からすると、、、もっと飛ばさないといけないですね~(^^;  


2018年03月02日

3月に入って・・・

3月に入って・・・

2月中旬~下旬にかけてインフルエンザにかかってしまいました。
その影響もあって、諸々作業が遅れてしまっております。
お待たせしているお客様には、本当に申し訳なく思っている次第です。

それでも、ようやく最近は暖かくなり、いよいよ3月(春)になりました!
先日私用で訪れた下関も春の訪れを感じさせる陽気でした。


 下関と彦島の間に流れる運河?を望む。

年度末に入るこのシーズンは、学校(講師)の仕事では、何かと会議や式典が続きます。
また、製作業務でも、新たなご注文が幾つか入ることが多い時期でもあります。
しっかりと気を引き締め、気持ちを上げて、様々な仕事に励んでまいりましょう!
  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 22:55Comments(0)制作日記

2018年02月13日

ギター漆塗り作業続く・・・

ギター漆塗り作業続く・・・

自宅作業では、ギター漆塗り作業が続いております。
もう少しでベース塗りが完了すると思いきや、この寒さで。。。


 研磨~清掃の繰り返し。
 細かめの番手に上げて、、、


 微妙な曲面ですから、、、やはり研ぎ具合が難しい。仕上げ研ぎになるとなおさらです。
 それにしても塗面が冷たいです!


 清掃作業を終え、縁取りの白い装飾部分(パーフリング&バインディング部分)は
 マスキングを剥がしてクリヤーを塗布(筆差し)×2回。
 漆塗りとの面を大体合わせる感じの研ぎに入りたかったのですが、、、
 やはりこの寒さでクリヤーが乾きません!
 やっと今日になって少し研いでみましたが、まだ駄目です。
 もう少しクリヤーが硬く締まってこないと。。。
 強制乾燥出来ない点が、楽器塗装の特徴ですね。

それにしても、遅々として諸々進まない感じです。
他のご依頼品も並行して作業しておりますが、ここは何とか頑張りたいです!  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 20:59Comments(0)制作日記漆塗り楽器装飾

2018年01月25日

ギター装飾の製作も進行中・・・

ギター装飾の製作も進行中・・・

幾つか並行して製作しているものの一つ=ギター装飾も、
ベースから始めて、何度か塗った状態になってきました。


 暫く前に行った、ベースの研ぎ作業。
 ここでしっかり丁寧に研いでおかないと、、、
 漆を無駄に使うことになってしまいます。


 ちょっとしたひび割れなどの補修は昨年中に済ませていましたが、
 状態を見ながら綿密に研いでみました。


 今回は、以前製作した時と違うマスキング手法=透明テープ重層マスキングで。。。
 この円形ラインを残す(マスキングする)のが難しいんです。


 何度か塗った状態。漆がちぢむのが怖いので、薄塗りしています。
 もう2~3回は塗りましょうか。。。


 久しぶりに登場の大きめ漆刷毛。広い面積の時はコレでないと。。。
 今回も早速活躍しています。よろしくお願いします!



  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 23:27Comments(0)制作日記漆塗り楽器装飾

2018年01月21日

家紋彫刻も・・・

家紋彫刻も・・・

今年納品三つ目となりそうな家紋彫刻。
お客様の先方がある関係で、そろそろ納品しなければならない短納期ご依頼品です。

並行して長期ご依頼品(製作に時間と手間を要するもの)も
コツコツ段階を追って製作を進めておりますが、
ここはまず短納期の品の歩を進めておかないと。。。


 昨年レーザーで下描きしていた線を、刃でなぞって、、、


 欅の木彫は難しいと思っていましたが、やはり。。。
 木目を意識しながら、こりこりと彫って行きます。


 まずはここまで、、、と、ここでお腹の調子が!!
 お腹の風邪をひいて一晩熱出してしまいました。
 仕事で行っている学校でうつってしまったのか!?
 インフルでないようで良かったですが、なかなかしつこい感じです(^^;

だいぶ体調が回復して、、、引き続き歩を進めましょう。


 そして本日、だいぶ荒削りですが彫刻が終了しました。
 彫刻を終えて、サンドペーパーで研磨。


 生漆を吸わせると、さすが欅です、、、
 様相がガラッと変わりますね。木目がくっきりと。。。
 乾燥したら目止めをして、あともう何回か摺漆をして完成とします。


 彫刻が出来上がってみると、なんてことはないですが、、、
 なかなかこの三つ橘(たちばな)の彫刻には労力を要しました。


 彫刻が終わった際、裏面を改めてよく確認すると、、、
 ワンちゃんが見えてきました。さすが戌年ですね!(^^)
  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 23:37Comments(0)制作日記漆塗り木工

2018年01月18日

今年の初納品・・・

今年の初納品・・・

年末にご依頼のあった琵琶半月と覆手が先日完成し、
今年最初の納品となりました。


 手前の覆手(ふくじゅ)は厚みを確保するのに腐心、、、
 奥手の半月は面積を確保するのに腐心。
 今回のものも、白蝶貝のピックアップとトリーミングに苦労しました。

半月は曲面体であるため、貝殻内の異物やひび割れが浮き出やすく、
なかなか思うようにいかないので、失敗してやり直すことも多いです。


 更に、、、半月状の穴の透かしや先っぽを細らせる作業は特に気を使います。。。


 透かしは、ドリルで穴を空けてから、その穴に糸鋸を通して切削します。
 今回は、難しい透かし部分の微妙な研磨を、
 糸鋸をヤスリ代わりに使って行うという新しい技を会得しました。
 これで、以前より作業が少し楽になりました。。。

今回は琵琶職人の方へ納品ということで、
先日の納品の際、仮置きしてみました。


 半月はいかがでしょうか?


 穴に対して、ほんの少し大きめのようです。
 貝の厚みは充分とのこと。良かったです。


 覆手も置いてみました。
 やはりこちらも底面の穴に対して少しキツキツなので、
 あとはお客様(製作者)の方で木地の方を削って嵌め込まれることとなります。

全体的には「美しい」というご評価を頂きホッとしました。
納品先のご依頼主様(琵琶の持ち主)にもご満足頂ければと思います。


貝アクセサリーパーツもこのほど完成し、本日お客様宛に発送しました。
短納期ご依頼品で今年二つ目の納品となります。


 白蝶貝、黒蝶貝で製作しています。
 彫刻と、磨き仕上げまで。


 富士山。私も大好きなモチーフですが、
 ご依頼主ご自身で描き起こした可愛いデザインとなっております(^^)


 家のモチーフ。こちらも可愛いですね!


 重なり合った瓢箪。白蝶貝で作っております。


 黒蝶貝楕円パーツ。


 白蝶貝楕円パーツです。


貝殻の真珠層は、磨くと本当にいろんな表情を見せてくれます。
次の製作に向けて、モチベーションを上げてくれますね。
また頑張りましょう。


 


  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 12:34Comments(0)制作日記螺鈿(らでん)・貝細工楽器装飾

2018年01月03日

2018年 工房仕事始め・・・

2018年 工房仕事始め・・・

新年明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い申し上げます。

工房を設立して15年目に入りました。
うちの工房で恒例となっている「今年の目標漢字一字」は「飛」になりました。
昨年は「打」ということで、何らかのモノ・コトを新しく打ち出すよう努めておりましたが、
幾らかの事案では目標に叶うことが出来たように振り返っています。

今年は、、、飛ばす!ということで、もっとスピード感があるよう動いて、
当工房で作る物や情報が更に様々な方向、方面へ
飛んでいくよう努力していきたいと考えております。



 元日は、実家近くの周辺をジョギング。
 大晦日にお腹いっぱい食事を頂いていたものですから、結構しっかりと走り込みました。


 いつの間にか下の池に繋がる遊歩道も整備されていました。
 もっと遠くへ飛ばして行ってみよう(^^)/


 早起きは清々しいですね。空気がひんやりとして気持ちが良いです。


本日1月3日は仕事始めとなります。
2018年も頑張って参りましょう!  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 22:33Comments(0)制作日記

2017年12月31日

2017年 工房仕事納め・・・

2017年 工房仕事納め・・・

昨日30日は工房の仕事納め。今年も色々ありました。。。


 工房の外壁がだいぶ傷んできました。そろそろ塗り直ししないと。。。



 今年最後のカット。


 大枠で成形をしておきましょう。


 うちのアワビエースくん。年末年始の工房お守りお願いします(^^)/
 今年もお世話になりました。

それでは皆様良いお年を!
  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 13:49Comments(0)制作日記螺鈿(らでん)・貝細工

2017年12月28日

今年最後のご注文・・・

今年最後のご注文・・・

久しぶりに琵琶の半月と覆手(福寿)製作のご依頼。
お越しになったお客様と、工芸についてアレコレお話も。。。
今年最後のご注文となることでしょう(^^)


 サンプルとしてお預かりした象牙製の半月と木製の覆手。


 覆手の部分をフィルムトレース。


 特に半月というのは結構サイズが大きく、面積を必要としますので、
 果たして今うちにある白蝶貝で対応できるか、かなり不安です(^^;
 大きい貝殻は、本当に入手が難しい時代になってきました。。。


 先日東京へ行った際に鑑賞してきた工芸品の話で
 お客様と盛り上がりました(^^)/

さて、今年も残すところあと4日。
かなり長期にわたってお預かりしている品々にも装飾を施さねばなりませんが、
年をまたいでの制作となりそうです。

年末年始のお休みを数日頂きますが、、、
引き続きお仕事も頑張って参りましょう。


  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 03:15Comments(0)制作日記螺鈿(らでん)・貝細工楽器装飾

2017年12月12日

インレイがやっと完成・・・

インレイがやっと完成・・・

ヴァイオリンのテールピースインレイがやっと完成しました。


 テールピース本体を彫刻する作業。


 猫型インレイを嵌めてみて、まだ出っ張っている箇所にマーキング。


 マジックペンのマークが消えるまで研磨。
 インレイの形状がテールピースの曲面に合うまで、この作業を数回繰り返します。


 #800~#2000の番手まで研磨。


 接着→隙間の埋め込み→清掃→艶消しクリヤー塗布 という工程で、完成に至りました。


今回の製作は、度重なる中断の後、やっと完成にこぎつけた、、、という感じです。
お客様には大変お待たせすることになり恐縮しておりましたが、
何とか出来上がり、ホッとしています。

曲面へのインレイは本当に大変ですね。
改めてその難しさを痛感しました。  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 23:11Comments(0)制作日記螺鈿(らでん)・貝細工楽器装飾

2017年12月06日

12月に入りましたが・・・

12月に入りましたが・・・

もう12月に入って、いよいよ今年も残り1ヶ月を切りました。
しかしながら、やり残したことも多く、しっかり終わらせていかなければなりません。
但し焦りは禁物です。いつものごとく、失敗が多くなりますので。

それにしても、先月は貝殻パーツ加工の多い月でした。
色々とコリコリ削っていたような気がします。


 新型の糸鋸刃でカット。


 円形パーツを幾つか。。。


 特殊形状のパーツ加工も。。。


 このパーツにはロゴマークを刻印。


 レーザー加工した家紋型パーツ。


 猫型インレイの作業は、現在も続いております。急がねば!




  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 23:42Comments(0)制作日記螺鈿(らでん)・貝細工

2017年11月15日

貝殻加工は次の段階へ・・・

貝殻加工は次の段階へ・・・

白蝶貝や夜光貝の加工作業は、ほぼ終わってきました。
これから次の段階へ進みましょう。


 ヴァイオリンテールピースへのインレイ(貝象嵌)は、猫形状加工がほぼ終わりました。
 やはり、3次元形状に近いものですから、結構難しかったです。
 猫形状の調整やテールピースへの象嵌など、まだまだ作業が残っております。


 猫の皆さん、しっかりと輝けるよう宜しくお願いします。


 この円形パーツは、レーザー加工用のベースになります。
 表面に家紋の彫刻を施す予定です。


 こちらはアクセサリーパーツの形状加工。
 一つは失敗した時の予備なので、途中まで。
 一部にレーザー彫刻を施します。

博多駅のイルミネーションも点燈し、いよいよ年末が差し迫ってきました。
今年掲げている工房目標の漢字一字=「打」に向かって、
最後まで何とか走り続けたいと思います!!

  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 23:18Comments(0)制作日記螺鈿(らでん)・貝細工

2017年11月11日

年末に向けて・・・

年末に向けて・・・

最近は、自宅で諸々作業しております。
修理、螺鈿細工の作業を幾つか、、、
何と言っても、塗り・蒔絵のご注文ではデザインや図面も起こさないと。。。
中々こなせないでおりますが、これからもう年末に入ってきますね~早い(^^;


 追加でご注文頂いた、重箱とお盆の修理作業。こちらはだいぶ進んできました。。。


 外れていた取っ手はしっかりくっついて、、、最終段階へ。。。


 こちらは、、、研究作業続く。。。


 胡粉の目をさらに細かくして、、、


 複数物件をまとめて作業。。。研ぎ入れましょう!  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 23:13Comments(0)制作日記螺鈿(らでん)・貝細工漆塗り

2017年11月06日

白い下地・・・

白い下地・・・

現在、古い品物の修理をしておりますが、
白色の下地が何で出来ているか分かりませんでした。
水で濡らすとベトベトしてきます。

よく調べてみると、どうも胡粉下地が最も可能性が高いようです。
螺鈿もどうやら膠(にかわ)で貼られているらしい。。。
で、、、化学実験のような研究が始まりました。


 膠、水、胡粉、防腐剤を用意。


 60℃以上にならないよう注意しながら、膠を溶かします。
 ☆大学時代以来、久々の作業です。


 濾し紙で、膠溶液を濾します。


 膠液が腐らないよう、防腐剤を数滴混ぜておきましょう。


 一回目に作った膠液は、濃度が低く粘着性も弱かったので、
 更に濃い目の膠液を作ってみました。

品物に施された白色下地は、濡らして暫くすると強烈な粘着性を発揮します。
数百年前のものですが、現在もその効果は抜群。
調合の具合もさることながら、胡粉や膠だけではない何かが混ざっている可能性もアリです。
自然物を使って、このような上手くできた接着性のある下地を作るとは、、、
昔の人の知恵は凄いですね。

合成塗料での補修も検討しましたが、
密着性や再現性の問題が起こることも考えられますので、
まずは出来るだけ現物に近いものをイメージして修理することに。。。
☆果たして再現できるでしょうか?(^^;  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 21:06Comments(0)制作日記漆塗り

2017年10月26日

インレイ作業を再開・・・

インレイ作業を再開・・・

ヴァイオリン~テールピースへのインレイ作業を再開しました。
なかなか他物件の関係で長期間手を付けられないでおりましたが、
これからピッチを上げて行かなければなりません。


 暫く前に作っていたインレイのベースを、
 更にテールピース曲面に合うように加工。


 猫の型紙を貼って、、、


 大枠で形状加工。


 糸鋸で、細部を削ります。


 慎重に。。。

  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 22:08Comments(0)制作日記螺鈿(らでん)・貝細工