2016年06月25日

イギリスのEU離脱に思う・・・

イギリスのEU離脱に思う・・・

イギリスのEU離脱は大きな波紋を呼んでいますが、、、
その根本的な原因はいろいろとあるようですね。

イギリスには、貧しい東欧圏からの移民も増えているとのこと。
EU統合によって国境の力を薄めた結果、富める地域に人が集まっているんですね。

イギリスがEU離脱に動いた根本的かつ最大の原因は、、、
個人レベルから地域間レベルまで広がっている経済的な格差にあるのかもしれません。

なぜ格差が広がっているのか、、、そこのところを考えないといけないでしょうね。
離脱派の方たちは、たとえ自国だけで決断できるようになったとしても、
この問題からは逃れられない、、、そんな気がします。


追記しますと、、、この連合王国(英国連邦)から
EU離脱に反対していたスコットランドが離脱する、
そんなことも起こるかもしれません(^^;




  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 22:30Comments(0)経済つれづれ社会つれづれ政治つれづれ

2016年04月19日

熊本のお米・・・

熊本のお米・・・


 某食材店にて。熊本のお米が圧倒的に売れているようです!


 普段は、福岡と熊本のお米、どちらも美味しいし両方同じくらいの頻度で購入しているのですが、、、
 今回は熊本のお米を購入させて頂きました!

気づいたことを少しづつでも!!
  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 17:48Comments(0)社会つれづれ

2016年04月16日

印象深い試合・・・

印象深い試合・・・

昨晩は、熊本地震被災者の方々に対する
哀悼の気持ちとエールを送る、印象深い試合となりました。


 試合開始前に、みんなで起立して1分間の黙とうです。。。


 ここぞ、というところで一発を放ち、チームを勝利に導いたキャプテン内川。
 ヒーローインタビューでは、涙ながらに「自分も子供がいる身としては、、、
 こういうことは、あって欲しくないな、と、、、」(涙) 
 がんばろう熊本!!という思いが球場全体を包んでいました。。。

そして、早朝にはM7.3の更に大きな地震が!!
気象庁の会見で、これが本震ということらしいですね。
被害が拡大しています。。。


 がんばろう!九州。



  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 09:34Comments(0)社会つれづれ

2016年03月11日

大震災から5年・・・

大震災から5年・・・

東日本大震災から5年が経ちました。
各メディアでも、様々な関連内容が取り上げられておりますが、
改めて多くの課題が山積している状況なのだと分かりました。

 ①復興計画の実施問題(計画内容も含めた・・・)

 ②原子力政策の問題

 ③防災対策

①~③は相互に関係性を持ちながら、問題を複雑化、深刻化させてます。
日本という国家の方向性をどうするか、、、という問題にも深くかかわっていますし。。。
他人事ではなく、まさに自分のこととして考えなければならないことでしょう。


 あの日を忘れない。。。2011年3月11日。  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 21:41Comments(0)社会つれづれ

2015年02月01日

アウシュビッツの恐怖・・・

アウシュビッツの恐怖・・・

昨日お昼、NHKアーカイブス「戦後70年 人間の闇 アウシュビッツ」を見ました。

被害にあった人々はこれ以上のない残酷な目に遭うとこと、
そして人間の恨み、復讐の連鎖は、
結局は相手を残酷な絶滅の憂き目に遭わせようとする
戦争や虐殺へと向かわせることが改めて分かりました。

本日、残念ながらジャーナリストの後藤さんが
イスラム国によって殺害されたことが判明しましたが、
今後の対応には様々な選択肢があるでしょう。

アフガンで現地の人々を支援されている中村医師の言葉をお借りします。
怒りや暴力に任せるのではなく「自制する勇気」が必要な時代が来たと思います。




工房HP(移転しました!)
こちらから→icon100

  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 10:03Comments(0)社会つれづれ政治つれづれ

2015年01月24日

テロの脅威・・・

テロの脅威・・・

☆ひさびさに社会記事アップであります。

年始早々から、テロの脅威がいよいよ身近なものに、、、というニュースが頻発。。。

学生時代は人間同士の争いとして
南北問題、東西問題(冷戦・イデオロギー対立)が存在することをよく勉強したもんです。

しかし最近は、宗教対立、民族間紛争、テロリズム、
そして経済格差社会(国家間、地域、個人とあらゆる場面での)というのが、
より一層際立ってきました。。。


対立・争いは、いつの時代にも存在するとはいえ、
何らかの解決策もしくは方策を見出して、次世代にバトンタッチしたいもんです~。



工房HP(移転しました!)
こちらから→icon100
  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 00:01Comments(0)社会つれづれ

2013年11月07日

偽装はいかんですばい・・・

偽装はいかんですばい・・・

久々に社会ネタであります。

最近ニュースになっている、食品の誤表示問題。
安い食材を使っているにもかかわらず、高級なものとしてお客様に提示してしまったという・・・
まぁ~ナンともプロらしからぬ失態と私は思います。。。

が、、、世間は限りなく「偽装」ではないかと怪しんでおります。
組織的に、確信犯的に、、、儲けを出そうとしていたのではないかという疑惑の目が、
問題が発覚したホテルや百貨店などに向けられています。
会社やお店を維持するため「偽装」に手を染めたのではないかと。。。

但し、消費者側にも問題が無いとは言えません。
「安い、安い、、、よかよか、、、」と言って、お客が安い方ばかりひいきにしていたら、
売る側も、ひょっとしたら良からぬことを考えてしまうかもしれません。
今の世の中、そういう風潮になっているのではないかと思います。
私も偉そうに言えるわけでなく、その安売り合戦の渦中に入っちゃってるのではないかと
思ったりするわけです。

「安いものには、安いなりの理由がある・・・」ということに気づかないといけないんでしょうね。

良質なものを見分ける目や感性は、持たないといけないと思います。
私も勉強や努力が至らず、常に反省です。


一方、塗りものに関してですが、やはり一般の人には、
何の塗料で塗られているのか、なかなか見分けがつきにくいものです。

漆で塗られているのか、それとも合成塗料で塗られているのか、、、
塗装や漆塗りを生業にしている者でも、
塗面の具合からある程度の察しはついたとしても、
下地に何を使っているのか、分からないことが多いくらいですから。

従って、一般の人々で塗りに詳しい方はわずかだと考えられます。
だからこそ、これは売り手と買い手の信頼関係が大事だと思うんです。

うちの工房では、お客様に対して
何の塗料を使っているか隠し立ては一切なくお伝えするようにしております。
下地は何ぞや~、中塗りはこうで仕上げはこういう風にしてます~~~という感じです。

美しいものを作る、美に殉じる、、、という覚悟でやってれば、
人をだましてまで儲けを出そうとは思いません。
そんなことしても、気分は良くありません。
もし、どうしても利益を出さなければならないとするなら、別の手段を考えます。


外食産業の方々には、苦しい経営環境とは存じますが、
ここは原点に立ち戻って頂いて、真摯な姿勢で臨んで頂きたいと考える次第です。
誤りがあったら、そこはきちっと正して頂きたいですね。
何卒宜しくお願い申し上げます。




  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 21:43Comments(0)社会つれづれ

2013年03月11日

震災対応マニュアル・・・

震災対応マニュアル・・・


 上京する娘に渡しているわが家の震災マニュアルです。
 できるだけコンパクトに、お財布に入るサイズに作っております。。。


 このマニュアルが必ず正しいとは言えないでしょうが、
 ある程度の指標になってくれれば、、、と。

3.11東日本大震災から2年。
まだまだ我々の想像を超えた災害が起こるやも知れず、
その中でやはり命を救うのは、一人ひとりの心がけと備え、
そして知識だと思います。  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 06:57Comments(0)社会つれづれ

2013年03月01日

3月になりました・・・

3月になりました・・・

3月になりました。
東日本大震災から2年が経とうとしていますが、
祈りと共に復興に向けての力強い3月にしていけたらと願います。

 icon100icon122http://www.youtube.com/watch?v=yMeprD3Di3E  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 23:30Comments(0)社会つれづれ

2012年04月10日

「福岡が好き」96.6%・・・

「福岡が好き」96.6%・・・

さきほど「ふくおか市政だより」を見ていましたら、
「福岡が好き」96.6%との赤い見出しが・・・。

市政に関する意識調査(市内に住む20歳以上の男女4500人対象)の結果ということですが、
ちなみに「住みやすい」も95.2%という驚異的数字。
福岡市民のほぼ全員が地元に満足してるっていうことでしょうか・・・。

もちろん全ての項目で満足度が高いわけではないですが、「好き」という項目には地元に対する市民感情がよく反映されていると思われます。

う~ん、ちなみに私も・・・福岡が好き。。。(恥ず!)  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 20:10Comments(2)社会つれづれ

2012年01月06日

2012年はどうなる・・・

2012年はどうなる・・・

本日も自宅作業。しばらくは工房に行かない感じ。「初工房」は12日になりそうだ。


それにしても、、、テレビやネットでは年始早々ヤバそうなニュースばかり流れている。

核開発を続けている(!?)イランと、欧米との対立。石油禁輸などの経済制裁に反発するイランは、ホルムズ海峡封鎖をチラつかせているが・・・きな臭い。

ユーロ危機は相変わらずで、世界各国の財政危機が「財政恐慌」に発展しかねない・・・なんて話まで。

日本では、原発事故の問題山積で、政治も迷走。大地震・大津波の再来にも怯え・・う~む。。。


それでもなんとか良い方向に落ち着くよう願っている。
2012年は、、、ちと心配だが、、、
やるべきことをやり、良い年となりますよう!!

  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 21:45Comments(0)社会つれづれ

2011年07月08日

「古代七つの文明展」へ・・・

「古代七つの文明展」へ・・・

本日は本来授業のところ、学外研修ということで、福岡市博物館で開催の「古代七つの文明展」へ。

 久々の福岡市博物館。

 たくさんの中学生が・・・こちらも研修だろうね。

 館内へ!オルセー美術館を彷彿とさせる内装。

 展示会のポスターも貼ってある・・・

 9月4日まで。夏休みに子供たちにいっぱい見に来て欲しいね。
 大変分かりやすくて楽しいし、勉強になるのは間違いなし!

吉村作治監修のこの展示会、全体計画では福岡市博物館を皮切りに全国11ヶ所を巡回するらしい。吉村教授は福岡のテレビ番組に登場するなど、福岡、九州の人々には大変馴染み深い方だが、今回の展示会を通して、やはり素晴らしい人だな、、、と思った。

同展では、展示会場各所にモニターが設置してあり、吉村教授が各文明の解説をしてくれている。最後のモニターでは、現代文明における問題提起をしているところが素晴らしい。正確ではないが、話の概要は以下の通り。

「古代文明は、自然とともに歩み、その都度生み出した技術を駆使して発展しました。現代文明は、いま、この自然とどう向き合っていくか?という時期に差し掛かっています。古代の人々も、災害や戦争などいろんな問題に直面し、大変な危機を乗り越えてきました。私は楽観的です。必ず現代の人々も様々な問題を克服できると信じています。皆さん、よく考えて素晴らしい未来を築いて行きましょう。この展示会は、その一助になれば・・・と考えています。」

私も先生のお話に同感。

本日帰宅すると、玄海原発絡みで起きた一連のニュースがテレビで流れていた。まさに現代社会が突きつけられた問題が顕著に表れている例だろう。

自然に対しては謙虚であれ!ごまかしも最終的には効かない・・・ということだ。住民説明会も佐賀で開かれているようだが、透明性を持った情報公開と、公平性を保った議論を、今後成される様に望む。

本日のニュースでよく出てきた「ストレステスト」というのは、経済の分野でも盛んに使われる言葉だ。企業等の経営状態の健全性を審査するテストのことで、様々な負担、問題にどれだけ耐えられるかというもの。今回は、原発に対して行われるらしいが、どのような指針・検査基準で実施されるかが問題となっている模様。たぶん、東日本大震災の事柄を受けて現在の基準を大幅に厳しくした内容になると思われるが、電力供給の問題も絡むだけに、ここは国の方針がどうなるか、政府、官僚も頭を痛めることだろう。

経済発展の効率を最優先にしてきた現代文明。しかし、その代償は大きい。「欲望の先取りがもたらしたツケ」は必ず大きなものとなるはずだ。今すぐ原発を全廃することは現実的には大混乱を招くから無理だろうが、自然エネルギーへの転換は必ず必要だろう。できればソフトランディングの方向で移行するのがベターではないか。

原発だけではない。化学物質の問題も含めてもうこの時点で対応しておく必要があるだろう。自然や未来の子供たちのためにも・・・ね。  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 22:45Comments(0)社会つれづれ

2011年04月27日

そろそろゴールデンウィークだが・・・

そろそろゴールデンウィークだが・・・

明後日からゴールデンウィーク開始。本日は連休前の担当授業(講義)としては最終日。一旦、学校のお仕事は休止となる。

そして、明日からしばらくは、また集中的に工房での作業を行う予定。製作予定を延期したり、納期を延ばして頂いている物件ばかりで、お客様にはご迷惑をおかけしている状況。早くこの状態を抜け出さないと・・・と焦りは募るが、決してあわててやってはいけない、失敗できない作業が続く。腰をすえて一つ一つこなしていかんとね。ご満足頂けない品物を納品しては取り返しがつかないことになる・・・。

さて、世間では大震災後の対応で、様々な方面において苦しい展開が続いている模様。被災地支援の遅れ、電力の供給問題、製造業の部品調達遅延、デパートの売り上げ大幅減、そして日本経済のマイナス成長予想・・・と、これでもか!!っという具合で負の連鎖が続いている。

このゴールデンウィークの景況予想も大幅なマイナスが見込まれているようだが、経済至上主義が何も一番良いわけではない。震災が我々に大きなインパクトと教訓を与えてくれたこともまた事実。連休中に一呼吸入れて、今後の生き方や社会の有り方をじっくり考えるのも大切なことのように思う。

危機的な要因が現出してきているこの世界、イノベーション=「新しい価値の創造」がいよいよ必要となってくる。次の世代へ良いバトンタッチができるためにも、「自分には何が出来るのか?」また「何をしたら良いのか?」ということを私も今一度自分自身に問いかけてみようと思う。


螺鈿・蒔絵 装飾工房『瑞緒』HPはこちらicon100   


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 22:54Comments(0)社会つれづれ

2011年04月03日

被災地への義援金・・・

被災地への義援金・・・

本日は自宅でひたすら螺鈿下準備作業。新年度に入り、事務や授業準備もせんと・・・。

先週のことだが、仕事の合間を縫って近くの郵便局に行き、東日本大震災における日本赤十字社宛の義援金を振り込んだ。ある程度まとまった金額を今回出したのだが、私と同じくらいの年齢の男性職員さんが受付。この職員さんから笑顔で「今回の被害は大変なものですね・・・」という一言あり。私も「まだまだ復旧には相当長い期間がかかりそうですが・・・よろしく」と、普段以上に暖かいやり取りが出来て嬉しく思った。

振込伝票の通信欄には「心よりお見舞い申し上げます」との一文を添えた。

みんなの思いは一つ。被災地の1日も早い復興を祈るばかりだ。  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 11:23Comments(0)社会つれづれ

2011年03月23日

復興への誓い・・・

復興への誓い・・・

工房近辺では、ここのところ少し暖かくなってきたせいか、次々と花が咲き出した。

 珠のような朱色の梅の花=3月18日



 田んぼいっぱいに・・・小さな白い花=3月19日

 田んぼの脇には・・・菜の花やツクシが=3月19日




大震災のことを考えると、この何気ない普通の自然の風景が、今はとても大切に感じる。

普通の生活、日々の営みを取り戻そう!西日本も力を結集し、東日本の方々を下支えせねば。
この難局に立ち向かわんといかんっ!!・・・と、この花々を見つつ、心に誓った。


螺鈿・蒔絵 装飾工房『瑞緒』HPはこちらicon100   


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 00:28Comments(0)社会つれづれ

2011年03月12日

ついに起こってしまった巨大地震・・・

ついに起こってしまった巨大地震・・・

昨日は工房で作業。昼間の午後2時半から遅い昼食。ほぼ弁当を食べ終わって水を飲んで一服している時、戸の方をのんびり見ていると、戸のガラス面が「ビリビリ!!」っと鳴った。お向かいのガレージ風工房の人が何かされたのかな?と思っていたが・・・。地震動の音だったのか・・・。

ここ数年、環太平洋で起きていた活発な地震活動や噴火活動。ついに日本にも襲来してしてまった。ラジオで第一報を聞いたが、その時はM7.9というクラス。これは関東大震災を引き起こした大正時代の関東大地震クラス。しかし、更に修正地が出てM8.8という超巨大地震クラスへ。被害はスマトラ沖地震級になると確信。

今回は日本海溝で起こったまさに海溝プレート型の巨大地震だが、余震もM7クラスの大きいものが起きるし、他の地域の地震を誘発する。首都圏も今後気をつけなければならないだろう。特に東京湾から内陸部にかけて南東-北西方面に斜めに延びるふたつの断層が引き起こすとされる首都直下型地震は要注意の時期に入ったと言える。この地震の場合は、ともかく火災が恐ろしい。


昨日は、塗装作業をしつつラジオでニュースを聞いていたが、時間が経っても被害の全容は見えてこない様子。しかし、もう数々の悲劇が起きていることは間違いなく、ちょっと暗澹たる気持ちになった。

 一人でも多くの方が助かりますように

  
タグ :地震


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 11:34Comments(0)社会つれづれ

2011年01月26日

マンション1月理事会・・・

マンション1月理事会・・・

本日は午前午後と学校で授業。

夜7時からは、うちのマンションの定例理事会。今回の主要議題は、「排水管改修工事」。とある業者に排水管調査を依頼したが、その結果報告を聞いて今後の対応を決めるというもの。

排水管の老朽化は、築年数が経ったマンションにとって重要な問題。水漏れの原因になるしね。

現状報告が業者の方からあり、共用の主管はかなり状態が良いことが分かったが、専有部分(各戸)の排水管がかなり傷んでいるとのこと。ファイバースコープ(内視鏡)を使った排水管内の画像をみると・・・鋼管部分に出来た錆によってボコボコになった内面が映し出されていた。また、その上に油ギトギトの汚れが付着した画像も・・・。「マズいですな~これは・・・」と理事の面々。本格的なケアが必要な感じで、今後の対応策を話し合う。

結論から言うと、このような傷んだ排水管は更新する(取替える)のが一番らしい。洗浄してライニング処理(内面に樹脂コーティング)をしても、いずれ10年後くらいにまたケア(もしくは更新)が必要になるとのことで、例え壁面にブラストなどかけて洗浄しようとしても、排水管が損傷し、穴が空く事態も起こりかねないので、洗浄作業の実施自体が現段階で難しい。

やはり今後20~30年排水管を保持しようとするなら、ここで取り替えるの良い。しかし、床や壁を引っ剥がして中の配管を取り替える工事だ。お金が各戸毎で数十万単位かかるし、調査をして各戸別の工事計画を立てなければならない。これは大変な作業になりそうだ。修繕積立金からどう予算を捻出し、各戸の負担金をどのくらいにするか・・・頭が痛い~~~!

日本全国、古いマンションの修繕問題が噴出してきているだろう。その中でも、水道管とともに、排水管の改修・取替えというのは・・・大変な問題でやんす!!


螺鈿・蒔絵 装飾工房『瑞緒』HPはこちらicon100  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 22:13Comments(0)社会つれづれ

2010年11月26日

20年前の中国旅行で・・・その3

20年前の中国旅行で・・・その3

中国旅行の話の続き・・・。

さて、中国本土の広州駅で、どうしようもない混乱に巻き込まれた私と相棒。途方に暮れてばかりもいられないので、今後をどうするか思案。話し合いの結果、桂林行きはあきらめて広州の観光旅行に集中することに。

約一年前の湾岸戦争時に2ヶ月ほどヨーロッパ旅行をした経験から、困ったときには駅のインフォメーションが頼りになることを思い出す。我々は駅構内に戻ってインフォメーションを探した。そこで広州市内の旅行案内所を見つけ、いわゆる「地球の歩き方」に掲載の比較的良いホテルを受付に示してアポイントを取ってもらい、タクシーでホテルに向かうことに。

駅前広場のタクシー乗り場で、タクシーに乗り込むと・・・ん? 運転手と我々(後部座席)との間に、網格子の仕切りが・・・。ここ中国も、なんか物騒なんだろうな?と思いつつ、ホテルの名前と位置を格子越しに指示して、いよいよ市中央部に向けて発進!!そこそこ運転が荒いのが気になりつつも、駅からまっすぐ伸びた大通りを順調に直進し、灰色に薄汚れた高速道路に入って、ホテルのある運河方面へ。

それにしても、途中の街並みの様子は印象的だった。灰色にすすけたビルが乱立し、その合間を縫うように高速を車で走る状況は映画のワンシーンのよう。なんかこう「こんなところまで来ちまったぜ・・・」とつぶやきたくなる感じ。当時の日本はバブル経済に沸いており、相棒と私は東京に住んでいたが、およそ日本のような整った環境とは世界が違う。不安ばかりが大きくなってきた。

そうこうするうちにホテルに到着。そこは長崎でいうところの出島のような場所で、アメリカ領事館など各国の施設が建っている。ガイド本によると、そのあたりは比較的治安が良いとのことで、不安に駆られていた我々は、なんとしてでも安全第一!とそのホテルを選んだというわけ。一泊1,500円と当時の中国ではかなり高い料金(物価は日本の10~15分の1ほど)だったのだが、それも安全には変えられない。日本だったら格安だ・・・。

ホテルで少し落ち着きを取り戻した我々は、その後、広州での観光を始めたのだが、、、またまたとんでもない経験に見舞われる。やはり「中国は人間の大地」ということを、痛烈に思い知らされることになるのだが、この続きはまた次回・・・。

  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 21:20Comments(0)社会つれづれ

2010年11月25日

20年前の中国旅行で・・・その2

20年前の中国旅行で・・・その2

さて、中国旅行の話の続き。

私は相棒と二人で香港から鉄道で広州に入ったのだが、広州駅に着くと、ホームは比較的がらんとしていた。どうも終点のよう。しかし、我々の列車が到着したホームはゲートで特別に区切られている感じがした。

駅の内部に入るや否や・・・途端にごった返す人、人、人!!すごい人の数だ。東京も人の数はすごいが、ちょっと様子が違う。殺気立っている。よく見ると、あちらこちらで喧嘩をやっている。着いた途端に、我々は途方に暮れた、、、お互いに顔を合わせて「どうしよう・・・」。あの爆発したような喧騒はカルチャーショックだった。

その当時は、中国の改革開放が突き進んでいる真っ最中だったからだろう。地方から大都市に大量に流入した人民(たぶん出稼ぎ労働者)が広州に溢れ返っていた。私と相棒は、広州から風光明媚な景勝地:桂林へ行こうと目論んでいたので駅の窓口に向かったのだが、長蛇の列!!並んでる人々は、ほとんどがブスっとした顔。やっと窓口にたどり着いて、メモを見せて筆談しようとしたが、窓口のお姉さん「○×△!!!」と一言二言叫んで、完全拒絶。全く相手にしてくれない。サービス精神もへったくれもない。「これが共産主義社会かっ!!」と偏見に満ちた感情が沸き起こる。またしても我々は途方に暮れ、一旦駅前広場に。広場のそこかしこでもやっぱり喧嘩・・・。あ~こりゃもうダメだ~。

このつづきは、また明日・・・。


螺鈿・蒔絵 装飾工房『瑞緒』HPはこちらicon100
  
タグ :中国旅行


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 23:59Comments(0)社会つれづれ

2010年11月24日

20年前の中国旅行で・・・

20年前の中国旅行で・・・

今は、尖閣諸島問題で日中関係がギクシャクしている上、北朝鮮と韓国が軍事衝突。何かと「きな臭い」様相を呈している感があるが・・・。


およそ20年ほど前、私が大学の卒業旅行で中国に行った話。

香港から広州へ入り、およそ10日間ほどの旅行。香港では、重慶(チョンキン)マンションと呼ばれる怪しげなビル(結構有名)の10階くらいにある安宿に泊まった。そこの宿主には、相棒と私のパスポートを預け、中国への観光ビザを代行で取ってもらったのだが、今考えればとても危険なことをやっていたものだ。そこの宿は、夜10時?を過ぎると鉄格子のような強烈なシャッターで閉じられる、、、という物騒さ。犯罪の匂いがぷんぷんするところだった。

香港からは陸路(鉄道)で中国へ。鄧小平(とうしょうへい)の改革開放路線で経済特区に指定された国境の街:深圳(しんせん)は、巨大なビル郡が建設されていた。深圳を通り過ぎて中国国内に入って行くと、様相は一変する。果てしなく続く水田、舗装していない泥まみれの道路、水浸し&泥まみれになりながら農耕作業に従事する人々、そんな風景が続いた。車内のBGMとして、明らかにH2O(エイッチツーオー)の「想い出がいっぱい」をパクったメロディーが流れている。その当時は、「何でこの曲流れているん?」というぐらいにしか頭が働かなかったが・・・。

数時間後に広州に到着。さて・・・これから先、我々は強烈なことに見舞われるが、この話の続きはまた明日。


螺鈿・蒔絵 装飾工房『瑞緒』HPはこちらicon100
  
タグ :中国旅行


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 23:59Comments(0)社会つれづれ