2018年06月20日

雲竜図蒔絵ギター完成・・・

雲竜図蒔絵ギター完成・・・

様々なこともあって半年以上を要しましたが、、、
雲龍図蒔絵ギターがやっと完成!!
今週初めに、ご依頼主であるギターショップ「糸島の音風」様へ納品致しました。


 ギターの全体写真です。


 龍頭部分の様子。龍は本蒔絵(金丸粉)、雲は梨子地塗り(金梨子地紛)で表現。
 龍の眼にはローズレッドの彩色を裏側に施した螺鈿を入れております。


これだけ広い面積に蒔絵を施したのは初めて。
いろんな意味で研鑽を積むことができたご依頼でした。
次なるステップアップに繋がることと思います!

  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 12:48Comments(0)制作日記漆塗り楽器装飾

2018年06月15日

ギター蒔絵は最終工程へ・・・

ギター蒔絵は最終工程へ・・・

ギター蒔絵は、やっと終盤戦に向かってきました。

蒔絵で一番手のかかっている龍は、、、
金丸粉を蒔いて乾燥させた後、生漆を浸透させて丸粉を固め、その後に摺漆。


 大枠で研ぎを入れてから、鯛牙(たいき)で丸粉の表面を潰すように撫でて磨きました。
 この作業を施すと、キラキラと丸粉が光ってきます。

雲の部分は、全て金梨子地紛での蒔絵を施していますが、
その上から梨子地漆を重ね塗りしております。
雲の流れごと(エリアごと)に塗り重ね回数や研ぎの程度を変えることで、
上塗りされた梨子地漆の厚みを変え、金梨子地紛の色味に変化をつけました。
摺漆や磨き作業でペーパー等の研ぎ足を段階的に無くしながら、艶上げに持って行きます。
 

 そして、最終工程。。。
 龍、雲、ベース黒、ギター表面全体に摺漆を施してよく乾燥させた後、
 呂色磨き粉で全体を手磨きです。


 一旦磨き上がりましたが、研ぎ足が少し目立つところを無くしたり
 艶のレベルをもう一段階上げるために、再度摺り漆と呂色磨きを施します。
 「もう一丁!」という感じでしょうか。
  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 10:27Comments(0)制作日記金箔・金粉漆塗り楽器装飾

2018年05月10日

雲の蒔絵開始・・・

雲の蒔絵開始・・・

ギター蒔絵は、いよいよ雲の金粉蒔き工程。
少しテストをした後、本番に入りました。


 粉筒は大き目のものを使用。ぼかしを付けつつ、雲どうしのバランスを考えて。。。


 蒔き終わりました。良く乾燥させてから、余分に蒔いた金粉を掃います。

金梨地紛を蒔いておりますが、この前製作した粉筒はまずまずの働きをしてくれています。
状況をよく見ながら、雰囲気良く仕上がるよう頑張ります。



 昨日は貝殻にバフがけ(磨き)を行う作業をしておりましたが、、、
 超特急で関東方面へ出荷。

それにしても、このように最近はご依頼が多岐に渡っております。
昨日遅くには貝殻に加えて木材を削る作業もしておりました。
こうした状況に伴って、様々な種類の装飾技法が必要となり、取り扱う素材も様々です。
かなり応用力が求められますが、何とかこなしてまいりましょう~。

☆お待たせしているご依頼主様には、本当に申し訳なく思っております。
 多くの手間を必要とし、難しい課題を克服しつつの制作であるため、
 もう少し猶予を頂けますと幸いです。
   


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 22:07Comments(0)制作日記金箔・金粉漆塗り楽器装飾

2018年04月25日

諸々立て込んできました・・・

諸々立て込んできました・・・

かなり久しぶりのブログ更新です。
(約1ヶ月ぶりでしょうか~汗 FBでは記事アップしておりますが。。。)

ちょっとここに来て、また立て込んできました。



 貝殻加工のお仕事も。。。
 バキバキやっております(^^;



 ギター蒔絵の制作は、絵柄の下塗りが終わり、、、


 諸々下準備した後に、やっと龍の蒔絵を開始です。
 一番の見せ所である龍の顔から。。。
 まだ先は長い感じですが、頑張りましょう。

今年の目標からすると、、、もっと飛ばさないといけないですね~(^^;  


2018年03月19日

ギター漆塗り~蒔絵の工程へ・・・

ギター漆塗り~蒔絵の工程へ・・・

ギターの漆塗りは、黒呂色塗りが終わり、蒔絵の作業に入っております。


 黒呂色塗りと研ぎが終わって一旦艶上げです。
 最終的な艶上げは、蒔絵が終わる時に再度行います。


 蒔絵開始です。まずは下塗りから。。。


 置き目(図柄のトレースと転写)をしながら下塗りを。。。


 下塗り完了。龍と雲は、見分けが付きやすいように下色を変えてみました。


 さて、小さく加工した砥石で研磨です。


 地面(ベースの黒漆)を傷めないように、慎重に研いで行きます。
 この作業にも結構時間をかけます。

今回は大き目の蒔絵なので、一つ一つの作業に時間がかかりそうですね。

  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 12:59Comments(0)漆塗り楽器装飾

2018年02月13日

ギター漆塗り作業続く・・・

ギター漆塗り作業続く・・・

自宅作業では、ギター漆塗り作業が続いております。
もう少しでベース塗りが完了すると思いきや、この寒さで。。。


 研磨~清掃の繰り返し。
 細かめの番手に上げて、、、


 微妙な曲面ですから、、、やはり研ぎ具合が難しい。仕上げ研ぎになるとなおさらです。
 それにしても塗面が冷たいです!


 清掃作業を終え、縁取りの白い装飾部分(パーフリング&バインディング部分)は
 マスキングを剥がしてクリヤーを塗布(筆差し)×2回。
 漆塗りとの面を大体合わせる感じの研ぎに入りたかったのですが、、、
 やはりこの寒さでクリヤーが乾きません!
 やっと今日になって少し研いでみましたが、まだ駄目です。
 もう少しクリヤーが硬く締まってこないと。。。
 強制乾燥出来ない点が、楽器塗装の特徴ですね。

それにしても、遅々として諸々進まない感じです。
他のご依頼品も並行して作業しておりますが、ここは何とか頑張りたいです!  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 20:59Comments(0)制作日記漆塗り楽器装飾

2018年01月25日

ギター装飾の製作も進行中・・・

ギター装飾の製作も進行中・・・

幾つか並行して製作しているものの一つ=ギター装飾も、
ベースから始めて、何度か塗った状態になってきました。


 暫く前に行った、ベースの研ぎ作業。
 ここでしっかり丁寧に研いでおかないと、、、
 漆を無駄に使うことになってしまいます。


 ちょっとしたひび割れなどの補修は昨年中に済ませていましたが、
 状態を見ながら綿密に研いでみました。


 今回は、以前製作した時と違うマスキング手法=透明テープ重層マスキングで。。。
 この円形ラインを残す(マスキングする)のが難しいんです。


 何度か塗った状態。漆がちぢむのが怖いので、薄塗りしています。
 もう2~3回は塗りましょうか。。。


 久しぶりに登場の大きめ漆刷毛。広い面積の時はコレでないと。。。
 今回も早速活躍しています。よろしくお願いします!



  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 23:27Comments(0)制作日記漆塗り楽器装飾

2018年01月21日

家紋彫刻も・・・

家紋彫刻も・・・

今年納品三つ目となりそうな家紋彫刻。
お客様の先方がある関係で、そろそろ納品しなければならない短納期ご依頼品です。

並行して長期ご依頼品(製作に時間と手間を要するもの)も
コツコツ段階を追って製作を進めておりますが、
ここはまず短納期の品の歩を進めておかないと。。。


 昨年レーザーで下描きしていた線を、刃でなぞって、、、


 欅の木彫は難しいと思っていましたが、やはり。。。
 木目を意識しながら、こりこりと彫って行きます。


 まずはここまで、、、と、ここでお腹の調子が!!
 お腹の風邪をひいて一晩熱出してしまいました。
 仕事で行っている学校でうつってしまったのか!?
 インフルでないようで良かったですが、なかなかしつこい感じです(^^;

だいぶ体調が回復して、、、引き続き歩を進めましょう。


 そして本日、だいぶ荒削りですが彫刻が終了しました。
 彫刻を終えて、サンドペーパーで研磨。


 生漆を吸わせると、さすが欅です、、、
 様相がガラッと変わりますね。木目がくっきりと。。。
 乾燥したら目止めをして、あともう何回か摺漆をして完成とします。


 彫刻が出来上がってみると、なんてことはないですが、、、
 なかなかこの三つ橘(たちばな)の彫刻には労力を要しました。


 彫刻が終わった際、裏面を改めてよく確認すると、、、
 ワンちゃんが見えてきました。さすが戌年ですね!(^^)
  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 23:37Comments(0)制作日記漆塗り木工

2017年11月11日

年末に向けて・・・

年末に向けて・・・

最近は、自宅で諸々作業しております。
修理、螺鈿細工の作業を幾つか、、、
何と言っても、塗り・蒔絵のご注文ではデザインや図面も起こさないと。。。
中々こなせないでおりますが、これからもう年末に入ってきますね~早い(^^;


 追加でご注文頂いた、重箱とお盆の修理作業。こちらはだいぶ進んできました。。。


 外れていた取っ手はしっかりくっついて、、、最終段階へ。。。


 こちらは、、、研究作業続く。。。


 胡粉の目をさらに細かくして、、、


 複数物件をまとめて作業。。。研ぎ入れましょう!  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 23:13Comments(0)制作日記螺鈿(らでん)・貝細工漆塗り

2017年11月06日

白い下地・・・

白い下地・・・

現在、古い品物の修理をしておりますが、
白色の下地が何で出来ているか分かりませんでした。
水で濡らすとベトベトしてきます。

よく調べてみると、どうも胡粉下地が最も可能性が高いようです。
螺鈿もどうやら膠(にかわ)で貼られているらしい。。。
で、、、化学実験のような研究が始まりました。


 膠、水、胡粉、防腐剤を用意。


 60℃以上にならないよう注意しながら、膠を溶かします。
 ☆大学時代以来、久々の作業です。


 濾し紙で、膠溶液を濾します。


 膠液が腐らないよう、防腐剤を数滴混ぜておきましょう。


 一回目に作った膠液は、濃度が低く粘着性も弱かったので、
 更に濃い目の膠液を作ってみました。

品物に施された白色下地は、濡らして暫くすると強烈な粘着性を発揮します。
数百年前のものですが、現在もその効果は抜群。
調合の具合もさることながら、胡粉や膠だけではない何かが混ざっている可能性もアリです。
自然物を使って、このような上手くできた接着性のある下地を作るとは、、、
昔の人の知恵は凄いですね。

合成塗料での補修も検討しましたが、
密着性や再現性の問題が起こることも考えられますので、
まずは出来るだけ現物に近いものをイメージして修理することに。。。
☆果たして再現できるでしょうか?(^^;  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 21:06Comments(0)制作日記漆塗り

2017年10月06日

取っ手付きお盆の修理・・・

取っ手付きお盆の修理・・・

取っ手付きお盆修理のご依頼がありました。
取っ手が外れており、まずは麦漆を塗って接着です。


 小麦を用意します。これを水で練って、耳たぶくらいの柔らかさにします。


 生漆を等量で混ぜて、外れた部分に塗ります。


 少し間をおいてから、、、指でピタッと接着。
 はみ出てきた麦漆は一旦拭き取ります。


 柔らかい紙を当てて、万力で押さえます。
 このまま1ヶ月くらいそのままにしておきましょう。
 ☆麦漆は乾燥に時間がかかりますので。

最近は諸々の事柄でせわしくしておりますが、
このような接着作業は大変時間がかかりますので、
優先的にしておかなければなりません。





  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 15:46Comments(0)制作日記漆塗り

2017年10月05日

砂糖炭粉が完成・・・

砂糖炭粉が完成・・・


 砂糖炭粉が出来上がりました。左は粗目、右は細目~中目です。
 ☆容器がお茶目ですが。。。汗

ふるいにかけて微粒子にするのに、かなり時間がかかってしまいました。
特に0.1mm以下の微粉は大変です。

さらに細かい超微粒子は、お客様にお任せすることに。。。
ご自分でふるいにかけられるよう、目のサイズが違う専用の布も幾つかご用意しました。
漆芸の用途に応じて細目~中目~粗目を使い分けて頂くことになるでしょう。


今回のご依頼では、「砂糖炭粉」を初めて作れたという経験はもとより
かなり目の細かい微粉の製作方法を学べたというメリットがありました。
今後、炭粉の微粉や超微粒子を自分用でも作りまして、
何らかの形で活かせたら、、、と思います!  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 20:17Comments(0)制作日記漆塗り

2017年09月22日

砂糖炭粉づくり・・・

砂糖炭粉づくり・・・

本日は工房にて砂糖炭粉づくり。
なかなか苦労しましたが、何とか作ることが出来ました~汗


 広々とした中庭で、、、


 まずは準備。


 砂糖をいれまして、、、熱します。


 ぐつぐつと、、、融けてきましたね。


 泡ぐつぐつと、、、
 このあととんでもないことに! 噴き出して大暴れ!


 大暴れの直後は撮影する余裕もなく、、、汗
 コンロなどを水洗いして、ちょっとボールに幾分か移して、、、
 この時わかりましたが、融けた砂糖は水飴状になり、
 鍋から取り出すと凶器と化します!!
 すぐ冷えて先鋭化し、指を切りました(^^;
 ともかく、少し減量してから再開。


 何度かかき混ぜてから、フタを被せて炭化を待ちます。。。


 しばらくしてフタを開けると、、、溶岩ゴロゴロ状態に。。。(^^;
 ようやく全て炭化したようです。


 甘ったるい匂いは抜け、焦げ臭い感じです。
 取りあえず炭化した砂糖をボールに移す。。。


 それにしても、溶岩に似てるなぁ~(^^)


 砂糖炭粉づくりは、危険で一杯です!
 (スズメバチもしょっちゅう寄ってくるし、、、)
 しかし、コツを掴んだので、次回はもっと楽にできるでしょう!!


 小分けした飴状の砂糖を再び鍋に入れて、、、またぐつぐつと、、、


 帰宅しなければならない時間になったので、
 作業途中の材料や鍋は、ネズネズや虫たちに食べられないよう、密封空間である電気窯内へ。
 でも、工房周辺は相当な強者がうじゃうじゃいますので、、、
 大丈夫かなぁ~心配です(^^;


  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 01:13Comments(0)制作日記漆塗り

2017年08月10日

螺鈿鞘のご紹介・・・

螺鈿鞘のご紹介・・・

3月から6月にかけて制作した、総螺鈿貼りの鞘『黒漆蝋色塗龍鱗紋様螺鈿鞘』のご紹介。
約5500ピースの螺鈿をグラフィックソフトで図面化し、龍の鱗を表現しました。

東京の刀剣販売会社「葵美術」様から制作を依頼されました。
ご注文はロンドン在住のクライアントとなります。

自作のオリジナル作品としては初の海外納品。もうすぐロンドンへ旅立ちます。



 作品コンセプトは一匹の龍。龍の体を一本の鞘に見立て、その鱗紋様を螺鈿で表現しました。


 当工房に送られてきた鞘。
 鞘は2本作られ、普段はこのような白木作りの白鞘に真剣(古刀)が収められ保管されます。
 観賞時には、装飾入りの鞘へ特別に真剣が収められます。


 鯉口の接着。


 絹着せ作業。強靭な下地とするため、シルクを纏わせます。


 絹地を漆で固めたところ。


 何重にも下地を重ね塗りしていきます。
 下地には、上新粉、土、漆などが使われます。
 今回の下地は、一切の妥協、手抜きなく、伝統的な「本堅地」と言われる堅牢な手法で仕上げました。


 生漆で下地を塗っている様子。
 下地は常に塗り固めながら、次の工程へ進みます。


 黒漆による中塗りが終わったところ。


 アナログとデジタルの両方の手法を使って、約5500ピースの螺鈿パーツを図面化し、加工しました。
 青みの特に強いアワビ薄貝を選抜し、螺鈿同士に毛一本程の隙間が空くよう、デジタル調整。



 螺鈿パーツの下書きと組み上げの様子。


 パーツカットと確認作業。


 一枚一枚、根気強く正確に漆で貼っていきます。


 螺鈿の上から黒漆を塗り重ねます。


 炭による水研ぎの様子。


 塗り、研ぎ、磨きを繰り返し、、、
 最後は手で磨きます。


 クライアントのご要望により、当工房の銘を入れました。
 栗形(組み紐を結びつける留め具)の裏側に工房名を黒漆で書き入れます。


 銘を入れた様子。


 完成状態。鯉口、栗形付近の様子。


 鐺付近の様子。


 完成した全体像。


 梱包前の全体像。


今回は、日本美術に対する深い敬愛を持たれていらっしゃる
海外のお客様からのご注文ということもありまして、
イメージ作りから制作全般に渡ってグレードの高さを求められる仕事でした。
幾つかの課題を何とかクリヤーし、今後の飛躍につながる仕事であったと振り返っております。

お客様には、今回素晴らしいご依頼とテーマを頂いたことに深く感謝申し上げます。



  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 00:00Comments(2)螺鈿(らでん)・貝細工漆塗り

2017年06月30日

修理作業を開始&再開・・・

修理作業を開始&再開・・・

漆塗りや螺鈿の修理作業を開始&再開。
欠損箇所は周囲の塗り等と近い仕上がりにしなければなりませんが、、、
今回も難しい点が幾つか見受けられます。
上手く行くように何とか読み解きながら進めてみましょう。


 重箱の修理。。。
 この部分はコツっと行った所ですね。
 漆が浮き上がってひびが入っているので、彫刻刀で剥がします。


 今回は、まず生漆を塗布して素地固め。



 さて、こちらの品物は、、、
 いよいよ螺鈿修理本番へ。


 螺鈿接着用の呂瀬漆を塗って、、、少し間を置き、乾燥させて粘り気を持たせます。
 幸い!本日結構湿度高し。温度も良し!
 いい感じでセッティングタイム(本作業や本乾燥までの時間)が取れました。


 青貝粉で蒔きつぶし。。。粒の大きさや密度はこんなものでいいでしょう。
 事前テストでは、蒔きつぶす位の密度で既存の螺鈿と
 同様の見えに仕上がっていましたので。


 これからムロに入れて、しっかり乾かしましょう。


今回の写真以外にも、お待たせしているご依頼がだいぶあって大変恐縮ですが、
7月以降に順次進めてまいりますので、今しばらくお待ち下さいm(_ _)m
  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 23:03Comments(0)制作日記螺鈿(らでん)・貝細工漆塗り

2017年06月29日

金継ぎ完成~次へ・・・

金継ぎ完成~次へ・・・

最終工程直前で中断していた金継ぎ作業を再開。
気合を入れ直して、先日金粉蒔きしました。。。


 弁柄漆を蒔絵筆で塗って、、、準備完了!
 湿気を帯びた室(ムロ)での弁柄漆乾燥具合もOK!

 ☆いつもこの弁柄漆の塗り具合、
  乾燥具合(金粉を蒔き付けるタイミング)が、本当に難しい~。
  イメージ通りの蒔き付け具合にするには、まだまだ修練が必要です。


 今回は金消し粉を蒔き付けましょう。


 ソフトな筆でたっぷり蒔き付けます~


 最後は真綿で磨いて、、、終了。
 再び室(ムロ)に入れて乾燥させ、最後に清掃して完了です。
 器くんたち、、、お待たせしました(^^)/

さて、6月はボリュームのある仕事を二つほど終わらせましたので、
7月以降は、大変お待たせしているご依頼品を幾つも起動させねばなりません。
暑い、熱い、、、夏になりそうです(^^;



 4か月近くかけて完成した品物を、先日東京へ向けて発送。。。
 後日、この中身をご紹介致します。  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 00:00Comments(0)制作日記漆塗り

2017年06月08日

本格的な梅雨到来のはずが・・・

本格的な梅雨到来のはずが・・・

本格的な梅雨到来。


 昨日の柳橋付近。。。
 バッチリ梅雨前線の暗雲、ムクムクと、、、(^^;


 用事でたまたま訪れた大橋付近の那珂川。。。
 昨日とは大違い(^^;

昨日は雨空。今日は晴れ空。
変われば変わるもんです(^^)


さてさて、仕事の方ですが、、、


 色々とある中で、こちらはもうしっかりと乾燥させながら時折進め、、、
 やっとこさ最終ラウンドに入ってきました。

これから9月にかけて相当頑張らないと・・・(;'∀') 
体力勝負の夏になりそうです!(体も鍛えつつ!)


  
タグ :梅雨仕事


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 19:23Comments(0)よもやま話漆塗り

2017年04月26日

修理のお仕事が溜まってきました・・・

修理のお仕事が溜まってきました・・・

最近もまた漆芸修理関係のご依頼が幾つかありまして、
そうこうするうち、5~6件溜まってきてしまいました!
もう数か月先までかかるような状況ですが、
お一つずつ丁寧に仕上げていこうと考えております。


 金継ぎさん!
 今回は、、、またしても出戻りさんあり!!
 料亭での数ある目いっぱい本番に耐えられるよう、
 何度も何度もカチコチに固めながら慎重に進めている状況。。。


 よか塗りものの角がヘコっと。。。
 彫漆の絵柄が面白い逸品ですね~。


修理(補修)のお仕事は、以前の輝きを取り戻すお手伝いができる喜びと共に、
その当時の職人技を発見できる喜びも得られますので、二重に嬉しいものなんです。
昔には凄い方がたくさんいらっしゃったんだなぁ~っと本当に思います!(^^)

そんでもって新しい仕事も、、、やりますよ~、やりますばい!!(^^;  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 20:52Comments(0)制作日記漆塗り

2017年03月30日

銅鏡飾り完成・・・

銅鏡飾り完成・・・

糸島の国宝「内行花文鏡」をモチーフにして作った飾り品が出来ました。
八葉文様が特徴的なので、発掘者は「内行花文八葉鏡」と名付けたそうです。


 飾り品の全体像です。何かに取り付けられるような造りとなっております。
 素材は、木地、漆、銀箔、アワビ薄貝、玄界灘産の真珠貝、タッセル、革紐、金具であります。


 モチーフは銅鏡ですが、元々の素材にとらわれず、
 八葉文様をクローズアップして、あしらってみました。


 裏側は銀箔切り廻しで。まだら紋様に。。。


 桐箱に入れて。


 感謝状も記載した解説書付き。これは進呈品となります。


糸島の文化、特産物などをテーマに、何か作れないかと前々から考えておりまして、
まずはその第1弾として、このような品を作ってみました。

さて、次は何を企画しましょうかね^^



  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 21:34Comments(0)制作日記螺鈿(らでん)・貝細工漆塗り

2017年03月09日

下地漆づくり・・・

下地漆づくり・・・

先日行った下地漆づくりの様子↓


 まず糊漆づくり。上新糊と漆を1:1で混ぜます。


 次に、出来た糊漆と地の粉と呼ばれる粗目の砂を
 これまた1:1で混ぜます。


 出来上がった漆下地がコレ。
 ちょっとモサモサしてます。

今回の品物は曲面なので、、、下地漆をヘラで配った後は、指で撫でて滑らかに。。。
漆にかぶれやすい人は、指を使うなんて危ないことなんですが、
幸いわたくしは比較的大丈夫なようです。
しかし、しっかりその後洗浄しないと、やはりかぶれてしまいますので、
決して侮ってはいけません。  
タグ :漆下地塗り


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 17:39Comments(0)制作日記漆塗り