2017年08月10日

螺鈿鞘のご紹介・・・

螺鈿鞘のご紹介・・・

3月から6月にかけて制作した、総螺鈿貼りの鞘『黒漆蝋色塗龍鱗紋様螺鈿鞘』のご紹介。
約5500ピースの螺鈿をグラフィックソフトで図面化し、龍の鱗を表現しました。

東京の刀剣販売会社「葵美術」様から制作を依頼されました。
ご注文はロンドン在住のクライアントとなります。

自作のオリジナル作品としては初の海外納品。もうすぐロンドンへ旅立ちます。



 作品コンセプトは一匹の龍。龍の体を一本の鞘に見立て、その鱗紋様を螺鈿で表現しました。


 当工房に送られてきた鞘。
 鞘は2本作られ、普段はこのような白木作りの白鞘に真剣(古刀)が収められ保管されます。
 観賞時には、装飾入りの鞘へ特別に真剣が収められます。


 鯉口の接着。


 絹着せ作業。強靭な下地とするため、シルクを纏わせます。


 絹地を漆で固めたところ。


 何重にも下地を重ね塗りしていきます。
 下地には、上新粉、土、漆などが使われます。
 今回の下地は、一切の妥協、手抜きなく、伝統的な「本堅地」と言われる堅牢な手法で仕上げました。


 生漆で下地を塗っている様子。
 下地は常に塗り固めながら、次の工程へ進みます。


 黒漆による中塗りが終わったところ。


 アナログとデジタルの両方の手法を使って、約5500ピースの螺鈿パーツを図面化し、加工しました。
 青みの特に強いアワビ薄貝を選抜し、螺鈿同士に毛一本程の隙間が空くよう、デジタル調整。



 螺鈿パーツの下書きと組み上げの様子。


 パーツカットと確認作業。


 一枚一枚、根気強く正確に漆で貼っていきます。


 螺鈿の上から黒漆を塗り重ねます。


 炭による水研ぎの様子。


 塗り、研ぎ、磨きを繰り返し、、、
 最後は手で磨きます。


 クライアントのご要望により、当工房の銘を入れました。
 栗形(組み紐を結びつける留め具)の裏側に工房名を黒漆で書き入れます。


 銘を入れた様子。


 完成状態。鯉口、栗形付近の様子。


 鐺付近の様子。


 完成した全体像。


 梱包前の全体像。


今回は、日本美術に対する深い敬愛を持たれていらっしゃる
海外のお客様からのご注文ということもありまして、
イメージ作りから制作全般に渡ってグレードの高さを求められる仕事でした。
幾つかの課題を何とかクリヤーし、今後の飛躍につながる仕事であったと振り返っております。

お客様には、今回素晴らしいご依頼とテーマを頂いたことに深く感謝申し上げます。



  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 00:00Comments(0)螺鈿(らでん)・貝細工漆塗り

2017年06月30日

修理作業を開始&再開・・・

修理作業を開始&再開・・・

漆塗りや螺鈿の修理作業を開始&再開。
欠損箇所は周囲の塗り等と近い仕上がりにしなければなりませんが、、、
今回も難しい点が幾つか見受けられます。
上手く行くように何とか読み解きながら進めてみましょう。


 重箱の修理。。。
 この部分はコツっと行った所ですね。
 漆が浮き上がってひびが入っているので、彫刻刀で剥がします。


 今回は、まず生漆を塗布して素地固め。



 さて、こちらの品物は、、、
 いよいよ螺鈿修理本番へ。


 螺鈿接着用の呂瀬漆を塗って、、、少し間を置き、乾燥させて粘り気を持たせます。
 幸い!本日結構湿度高し。温度も良し!
 いい感じでセッティングタイム(本作業や本乾燥までの時間)が取れました。


 青貝粉で蒔きつぶし。。。粒の大きさや密度はこんなものでいいでしょう。
 事前テストでは、蒔きつぶす位の密度で既存の螺鈿と
 同様の見えに仕上がっていましたので。


 これからムロに入れて、しっかり乾かしましょう。


今回の写真以外にも、お待たせしているご依頼がだいぶあって大変恐縮ですが、
7月以降に順次進めてまいりますので、今しばらくお待ち下さいm(_ _)m
  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 23:03Comments(0)制作日記螺鈿(らでん)・貝細工漆塗り

2017年06月29日

金継ぎ完成~次へ・・・

金継ぎ完成~次へ・・・

最終工程直前で中断していた金継ぎ作業を再開。
気合を入れ直して、先日金粉蒔きしました。。。


 弁柄漆を蒔絵筆で塗って、、、準備完了!
 湿気を帯びた室(ムロ)での弁柄漆乾燥具合もOK!

 ☆いつもこの弁柄漆の塗り具合、
  乾燥具合(金粉を蒔き付けるタイミング)が、本当に難しい~。
  イメージ通りの蒔き付け具合にするには、まだまだ修練が必要です。


 今回は金消し粉を蒔き付けましょう。


 ソフトな筆でたっぷり蒔き付けます~


 最後は真綿で磨いて、、、終了。
 再び室(ムロ)に入れて乾燥させ、最後に清掃して完了です。
 器くんたち、、、お待たせしました(^^)/

さて、6月はボリュームのある仕事を二つほど終わらせましたので、
7月以降は、大変お待たせしているご依頼品を幾つも起動させねばなりません。
暑い、熱い、、、夏になりそうです(^^;



 4か月近くかけて完成した品物を、先日東京へ向けて発送。。。
 後日、この中身をご紹介致します。  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 00:00Comments(0)制作日記漆塗り

2017年06月08日

本格的な梅雨到来のはずが・・・

本格的な梅雨到来のはずが・・・

本格的な梅雨到来。


 昨日の柳橋付近。。。
 バッチリ梅雨前線の暗雲、ムクムクと、、、(^^;


 用事でたまたま訪れた大橋付近の那珂川。。。
 昨日とは大違い(^^;

昨日は雨空。今日は晴れ空。
変われば変わるもんです(^^)


さてさて、仕事の方ですが、、、


 色々とある中で、こちらはもうしっかりと乾燥させながら時折進め、、、
 やっとこさ最終ラウンドに入ってきました。

これから9月にかけて相当頑張らないと・・・(;'∀') 
体力勝負の夏になりそうです!(体も鍛えつつ!)


  
タグ :梅雨仕事


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 19:23Comments(0)よもやま話漆塗り

2017年04月26日

修理のお仕事が溜まってきました・・・

修理のお仕事が溜まってきました・・・

最近もまた漆芸修理関係のご依頼が幾つかありまして、
そうこうするうち、5~6件溜まってきてしまいました!
もう数か月先までかかるような状況ですが、
お一つずつ丁寧に仕上げていこうと考えております。


 金継ぎさん!
 今回は、、、またしても出戻りさんあり!!
 料亭での数ある目いっぱい本番に耐えられるよう、
 何度も何度もカチコチに固めながら慎重に進めている状況。。。


 よか塗りものの角がヘコっと。。。
 彫漆の絵柄が面白い逸品ですね~。


修理(補修)のお仕事は、以前の輝きを取り戻すお手伝いができる喜びと共に、
その当時の職人技を発見できる喜びも得られますので、二重に嬉しいものなんです。
昔には凄い方がたくさんいらっしゃったんだなぁ~っと本当に思います!(^^)

そんでもって新しい仕事も、、、やりますよ~、やりますばい!!(^^;  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 20:52Comments(0)制作日記漆塗り

2017年03月30日

銅鏡飾り完成・・・

銅鏡飾り完成・・・

糸島の国宝「内行花文鏡」をモチーフにして作った飾り品が出来ました。
八葉文様が特徴的なので、発掘者は「内行花文八葉鏡」と名付けたそうです。


 飾り品の全体像です。何かに取り付けられるような造りとなっております。
 素材は、木地、漆、銀箔、アワビ薄貝、玄界灘産の真珠貝、タッセル、革紐、金具であります。


 モチーフは銅鏡ですが、元々の素材にとらわれず、
 八葉文様をクローズアップして、あしらってみました。


 裏側は銀箔切り廻しで。まだら紋様に。。。


 桐箱に入れて。


 感謝状も記載した解説書付き。これは進呈品となります。


糸島の文化、特産物などをテーマに、何か作れないかと前々から考えておりまして、
まずはその第1弾として、このような品を作ってみました。

さて、次は何を企画しましょうかね^^



  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 21:34Comments(0)制作日記螺鈿(らでん)・貝細工漆塗り

2017年03月09日

下地漆づくり・・・

下地漆づくり・・・

先日行った下地漆づくりの様子↓


 まず糊漆づくり。上新糊と漆を1:1で混ぜます。


 次に、出来た糊漆と地の粉と呼ばれる粗目の砂を
 これまた1:1で混ぜます。


 出来上がった漆下地がコレ。
 ちょっとモサモサしてます。

今回の品物は曲面なので、、、下地漆をヘラで配った後は、指で撫でて滑らかに。。。
漆にかぶれやすい人は、指を使うなんて危ないことなんですが、
幸いわたくしは比較的大丈夫なようです。
しかし、しっかりその後洗浄しないと、やはりかぶれてしまいますので、
決して侮ってはいけません。  
タグ :漆下地塗り


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 17:39Comments(0)制作日記漆塗り

2017年03月02日

漆塗り月間・・・

漆塗り月間・・・

ご注文の具合から、どうやら3月は漆塗り月間となりそうです。

◆先日の漆作業。接着用の麦漆、穴を充填する刻苧(こくそ)を作って。。。


 漆、小麦、木屑、綿、、、と材料勢揃い! 水も必要ですが(^^;
 強力な接着力を出す為に日本産漆を使用。


 まずは麦漆を。。。
 小麦、水、その後に適正量の漆を混合し、しっかりネチャネチャと混ぜます。


 ネッチャ~っと糸を引くような感じ迄になったら、麦漆の完成!


 次に刻苧(こくそ)づくり。麦漆、木屑、刻苧用の綿を適量用意。これを混ぜます。
 基本的にはサーフボードなどとも同じで、
 強力な接着材やボディを作ろうと思ったら、樹脂+溶剤+粉末+繊維なんですね。


 で、、、これが出来上がった刻苧です。モサモサしてます(^^)


◆そして今日は久々の布着せ作業。糊漆を作りました。


 年明けにまとめて作っておいた上新糊。
 上新粉1に対し水4くらいを混ぜて煮立てたもの。
 パック詰めにして冷凍庫で凍らせてます。


 電子レンジで解凍~。今回は2パックいるかな~?


 上新糊に対し等量の生漆を混ぜ、糊漆を作ります。


 しっかりと混ぜて。。。糊漆が出来ました。
 最初は白っぽいですが、すぐ茶褐色に変色します。乾燥すると黒っぽくなります。
 この糊漆で布を下地に貼り付けるんですが、、、
 今回は品物が曲面なので、柔らかい絹を下地に着せます(^^)


  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 21:28Comments(0)制作日記漆塗り

2017年01月29日

自宅器を金継ぎ開始・・・

自宅器を金継ぎ開始・・・

自宅で割れた器が溜まってきました。
こういう時は決まって練習やテストを兼ね、まとめて金継ぎで修理します。
今回の器は、、、お皿やご飯茶碗です。


 金継ぎ開始!接着し立ての継ぎ目に、麦漆がはみ出してきます。
 このあとは、接着⇒乾燥後に、はみ出した漆を彫刻刀で削ります。

金継ぎは、接着面の奥まで乾燥させるのに時間がかかりますので、
このまま2週間ほど、室(ムロ)で乾燥させましょう。  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 21:39Comments(0)制作日記漆塗り

2017年01月21日

香盒の修理・・・

香盒の修理・・・

年末年始で螺鈿や漆塗りの修理をしていた香盒がこのほど完成しまして、
本日無事にお客様の手元に届きました。☆螺鈿はアワビ薄貝です。


 完成写真です。


 ①補修前
 螺鈿や漆塗りが剥がれ、残っている螺鈿は剥離しかかっているものが一部ありました。
 木材の素地上には漆喰もしくは錆(漆と砂を混ぜたも の)が塗られている状態でした。


 ②螺鈿の取り外しと洗浄
 現存している螺鈿は、かなり接着が弱くなっていると判断し、
 その全てを針、ピンセット、刃物を使って慎重に取り外しました。
 その後、取り外した螺鈿は水や溶剤を使って奇麗に洗浄しました。


 ③下地調整と中塗り
 現存の下地を研磨して平滑にしました。
 その上から漆を含浸させて補強し、更に錆や黒漆を幾重かに塗って、
 下地と塗面を強固なものにしました。


 ④螺鈿作り
 現存する螺鈿の接着跡を参考にして、補完する螺鈿の形状を原稿に描き起こし、
 青貝(アワビ薄貝)を加工しました。


 ⑤螺鈿貼付と上塗り仕上げ
 既存の螺鈿や新しく補填用に作った螺鈿を漆で貼付。
 その後、黒漆を塗り重ねてから螺鈿を研ぎ出し、
 全体を磨き上げて完成となりました。


現存している螺鈿が少し厚めでしたので、
そのことを考慮して塗りの厚みを調整する工夫が必要でした。
色々と新しい発見もあり、大変勉強となるご依頼でありました。
  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 18:30Comments(0)制作日記螺鈿(らでん)・貝細工漆塗り

2016年11月13日

研究制作も・・・

研究制作も・・・

ご依頼の製作物を幾つかやっている間に、研究制作もアレコレとこなしている毎日です。


 黒一色は味気ない。
 漆の調合を変えて、ちょっと味付けとかんと。。。


 うん、これじゃたぶん本番はダメだ。
 もっと考えんと。。。  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 22:01Comments(0)制作日記螺鈿(らでん)・貝細工漆塗り

2016年10月30日

鞘塗り作業・・・

鞘塗り作業・・・

今年何本目かの鞘塗り作業。


 金具や小口の部分をマスキング。これがまた結構気を使います!


 塗り開始。粉蒔きをするので、新聞を敷きまして、
 鞘は宙に浮いている状態です。

同様の塗りになる時は、前回よりも良い結果が得られるよう
作業方法の改善を常に行うよう努めております(^^)/

  
タグ :鞘塗り作業


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 19:28Comments(0)漆塗り

2016年06月03日

こつこつ金継ぎ・・・

こつこつ金継ぎ・・・



 金継ぎも最終段階へ。。。
 次は金粉を蒔きましょう。

時々、時間のかかる仕事の合間に、
こういうちょっとした塗り作業をスポットで入れるようにしています。
時間は効率よく使わんと、、、ですね(^^)
  
タグ :金継ぎ塗り


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 10:47Comments(0)制作日記漆塗り

2016年05月02日

またまた乾漆粉づくり・・・

またまた乾漆粉づくり・・・

クライアント様からご依頼を受けている品物を作るのに
乾漆粉が結構必要なのですが、、、
いよいよ足りなくなったので、追加で作ることにしました~。


 業務用ミルで、乾かした漆の薄板を細切れにして入れます。。。
 ☆このミルめっちゃくちゃ威力がありまして、、、動かすの怖い~(^^;


 粉々になった乾漆粉を金網で振るい分けします。。。


 出来上がった乾漆粉(一番細かいタイプ)。
 これ以外にも、次に粒子の大きなタイプも作りました。

作業中は、ともかく静電気注意!!
着ているものは綿、使う道具はプラスチック・ビニール以外の金属・陶器・ガラス・木製にっ!!
でないと、、、乾漆粉が色んな所にひっついて離れません(-_-;)
  
タグ :乾漆粉


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 12:37Comments(0)制作日記漆塗り

2016年04月10日

勝負の1週間終了・・・

勝負の1週間終了・・・

勝負の1週間終了!今朝方、発注元の方が品物引き取りにいらっしゃいました。
いやはや、、、久々に東京職人時代を思い出すような時間との闘いを、体で感じた1週間でした。
☆勝負の結果は、、、トータルで、ちょい負けって感じです(^^;


 スキージーで凹凸確認!


 摺り漆を施して。。。


今回は板6枚裏表、面積にして計4㎡程の漆塗り(表面は鏡面仕上げ)をしましたが、、、
1週間でこの量を仕上げるのは私にとって難しく、
うちの限られた環境の中で、常に最善の方法・手順を考えなけれならない状況でした。
課題は多く見つかりましたが、間違いなく向上出来たと言える1週間だったと思います。(^^)

  
タグ :漆塗り


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 17:12Comments(0)制作日記漆塗り

2016年04月06日

漆塗りの日々・・・

漆塗りの日々・・・

学校の準備もしないといけませんが、
この数日間は、漆塗りのことばかりになってます(^^;


 塗っては、、、


 研ぎ、、、

もうしばらこの状況が続きますが、
がんばってまいりましょう!  
タグ :漆塗り研ぎ


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 00:42Comments(0)制作日記漆塗り

2016年02月14日

「三目並べ」が受賞・・・

「三目並べ」が受賞・・・


 昨年、ご依頼があって製作した「三目並べ台」。
 何度か製作途中の写真や記事はアップしておりましたが、
 台の完成した様子はこんな感じであります~。

そして、つい先日お客様よりご連絡あり!
お客様ご自身が企画制作したこの「三目並べ」が、
なんとアコヤ真珠をテーマとした公募展にて「部門賞」を獲得されたとのこと。
本当に嬉しい限りです!!


 お客様が作られた王冠付きの真珠たちが載って、、、「三目並べ」完成!!
 とても良い感じに仕上がったな~と思っておりましたが、、、
 「部門賞」とはっ!!
 

今回は、公募展への応募の為のお手伝いということで、
結構な緊張感を持って作りましたが、
良い結果が伴って本当に嬉しいです(^^)

次もまた頑張ろ~!!
  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 21:40Comments(0)金箔・金粉漆塗り

2016年01月03日

2016年の初作業・・・

2016年の初作業・・・

仕事始め、、、というにはまだ早い感じですので、
とりあえずちょっとした初作業ということに。。。


 朱漆の乾漆粉づくり。

去年平たく乾燥させ、焼しめていた朱漆を
粉々にする作業です。


 粉砕機を工房に置いたままにしていますので、、、
 ビニールパックに入れて、手もみ粉砕。。。

まずはここまでにしときましょう^^  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 11:13Comments(0)制作日記漆塗り

2015年12月24日

クリスマスに金作業・・・

クリスマスに金作業・・・

クリスマスには金が似合う、、、っちゅうことで金箔、金継ぎ作業!^^


 目白押しの金継ぎくんたちも、いよいよ最終研ぎ完了!
 あとは金消し粉を蒔くのみ~(^^♪ まとめて行きまっせ~!!


今年も残すところあと1週間。。。
やり残している作業をしっかりやって
新年を迎えたいもんです~。
  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 18:20Comments(0)制作日記金箔・金粉漆塗り

2015年12月05日

急がんと・・・

急がんと・・・

今日は5件の仕事を同時進行。
特注もの漆塗り、鞘塗り、金継ぎ8枚分ちょこちょこ、帯留め螺鈿補修、そして精密螺鈿加工。。。
急がんと、、、急がせよ~!!(^^;



 なかなか進まんやったこの品も、やっと最終上塗り。
 丁寧に手研ぎしてっと。。。


 うちのグラスも。。。
 ガラスの金継ぎは初めてで、勉強になります。  
タグ :金継


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 23:56Comments(0)制作日記漆塗り