2018年08月30日

尺八 金蒔絵の完成・・・

尺八 金蒔絵の完成・・・

漆塗りと蒔絵のご依頼を頂いていた尺八がこのほど完成し、
先日お客様がお受け取りに来られまして直接納品致しました。


 朱塗りの尺八にして欲しいという珍しいご依頼。
 モチーフは、山桜に鶯(うぐいす)と半鐘蔓です。


 本当に長い間お預かりしておりましたが、やっと、、、という感じです。
 大変お待たせ致しました!


 鶯は、丸粉蒔絵をベースとして透き漆で描き起こしてみました。
 山桜は、花びらを丸粉蒔絵、枝や幹を梨子地塗りで。


 蒔絵の表現は、多岐に渡って様々なものがありますが、
 試作を重ねながら、取捨選択して本番に臨みました。


 山桜に蔓を二重螺旋で絡ませました。
 変化自在な生命の神秘を意識してデザイン。


 半鐘蔓も丸粉蒔絵にて絵付けしております。


 背面の半鐘蔓。


 山桜の幹たち。根本は途切れた形に、、、生命の根源は謎ですね。


 当工房の銘「瑞緒」を背面に。。。


 尺八を製作した工房の銘(焼き印)はそのまま残しまして、
 その横に当工房の銘を螺鈿で入れております。


 最後の仕事=鶯の眼光を入れる作業。
 梨子地粉3号の一粒を黒目に針で貼り付けてみました。


今回のご依頼は蒔絵を主としたものとなりましたが、
やり甲斐と共にその難しさを痛感した次第です。本当に今後の糧となりました。
お客様には改めて感謝申し上げます。



同じカテゴリー(制作日記)の記事画像
朱の乾漆粉づくり・・・
鞘塗りをアレコレと・・・
8月に入っても漆芸つづき・・・
猛暑の中、工房整備・・・
工房にも夏空・・・
雲竜図蒔絵ギター完成・・・
同じカテゴリー(制作日記)の記事
 朱の乾漆粉づくり・・・ (2018-09-25 01:36)
 鞘塗りをアレコレと・・・ (2018-08-07 23:37)
 8月に入っても漆芸つづき・・・ (2018-08-01 15:18)
 猛暑の中、工房整備・・・ (2018-07-13 22:50)
 工房にも夏空・・・ (2018-07-05 00:40)
 雲竜図蒔絵ギター完成・・・ (2018-06-20 12:48)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。