2021年12月07日

終わりがけの紅葉が味わい深く・・・

終わりがけの紅葉が味わい深く・・・

今日の福岡は雨ですが、、、
昨日は素晴らしいお天気でした。

午前中、歯医者さんに行った際、
通りすがりに見かけた終わりがけの紅葉が、
とっても味わい深い感じでした(^.^)


ちょいと色褪せて来ましたが、
まだら模様が何ともバランスよく入っとります(^^)


うん、こちらさんも上手いこと味わい出してます(^^)/
なんか自然の変化というのは、絶妙なバランスを見せてくれますね。

というか、、、そうしたものを美しく見るよう
人間が適応しているのか!?ですね(^^;


いや~それにしても天気よかよかデス。
ん!?あちらさんの木は?



しっかり生き生きとした緑のままで!!
そういう木~さんもいらっしゃるということですね。(^_^;)  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 13:25 Comments(1) よもやま話

2021年12月04日

貝磨きと野良仕事・・・

貝磨きと野良仕事・・・

本日もまた貝磨きをしに工房へ。。。
相当気温が低いため、午後から行くことにしました。
しかし、それにしても寒すぎる!!
バイクでテクテクと行って、工房に着くとブルブル~です。(^^;

北国の方々には怒られるかもしれませんが、
寒さに対して軟弱な九州人には、
気温10℃くらいというのは、ちっと堪えます。

気が進まない中、貝磨きの作業をやり始めましたが、
やはり1時間が継続の限度!!
ハンドルーターを貝殻に当て続け、目と手は動いていますが、
体はジッとしているため、低体温症にもなろうかっ!
というくらい冷えて来ました(;'∀')


このままじゃ~マズい!と思い立ち、
体を温めるため、野良仕事を急遽開始!!
切り株くん周辺の草たちがこの寒い時期になっても枯れてなかったので、
鎌で刈らせてもらうことにしました。


そのついでに、前から宿題になってた野良作業も!!
工房建物の根元から生えていた木?をノコギリでバッサリ切りました。
この草のように生え出した植物は何だろうか?と思って、
先ほどネットで調べましたら、どうもキリ(桐)のようですね。
もう3mほどの高さに成長してしまっていましたので、
これ以上になったら建物に影響が出るところでした(^^;


暫く野良仕事をやった結果、体が温まりましたので貝磨きに復帰。
写真のように、やっと6枚まで稜柱層除去を終わらせました。

今日は仕事ははかどりませんでしたが、
ま~工房整備も必要なことなので、良しとしましょう。


冷え切った空気が張り詰めて、、、
夕空雲もクッキリと見えます。


さて、帰るとしましょうか。。。
千切れ雲が美しか~ですね。(^.^)

  


2021年12月03日

風雲急を告げる工房・・・

風雲急を告げる工房・・・

本日は、また糸島の工房へ貝殻磨きに。。。
しかし、どうも雲行きが怪しく、、、(^^;


お昼に到着しましたが、着いた途端にモクモクと黒雲が!
遠方から雷が鳴り出し、、、


これはもしやヤバいのでは!?という気が~(;'∀')

そして、間もなく季節外れの豪雨となったのであります。(・_・;)
当然、屋外での貝殻研磨作業は全く行えず、、、

仕方がないので、入荷した貝殻の整理を暫くやることに。
大物貝殻をまずピックアップしたところ、、、


なかなかの枚数が入っており、積み上がって来ました!
手前3つの貝殻はナント175mmオーバー!!
スバラシかっ!(^^)!


この貝殻は180mm近いサイズ!!
当工房最大クラスです!しかも真珠層が美しか~
なかなかお目に掛かれない超上物ですヽ(^。^)ノ


最終的にたくさん積み上がってくれました~。
これらの貝殻は全てメガイアワビですが、、、
左から長径150mm、155mm、160mm、165mm、170mm。
そして手前が175mmオーバー。
入荷時に170mm台が9枚もあるというのは、なかなかに凄いことデス。
ここで記念撮影☆


そして、ご依頼のあったアコヤ真珠貝の確認も先に行いました。
ついでに加工状態や種類別にして整理整頓です。。。


さて、ようやく小降りになったところで貝殻磨きをば。
先日の続きで、コツコツとハンドルーターで稜柱層を落として行きます。


またちょっと雨が降り気味になって来ました!(汗)
機械に雨水がかかるのがやはり気になり、
仕方がないので窓を開け、室内側に座って外に置いた貝殻を磨きます。

切り株くんがじっと見守っててくれます。
どうかお天気が暫くの間安定しますように。。。




  


2021年12月01日

12月のありがとうは・・・

12月のありがとうは・・・

さて、今年もいよいよあと1ヶ月となりました。
やはりコロナ禍は一筋縄ではいかない感じで、
いろいろとあった1年で終わりそうですが。。。

そんな中でも、たくさんの楽しい思い出、
印象に残る出来事、そして多くの有難いこともありました。

12月に感謝の気持ちを伝えたい、、、
皆さんもそのような方々がいらっしゃることでしょう。

「ありがとう~。」「ありがとうございました!」と言う機会が多い、
そんな12月にしたいですね。(^.^)



  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 11:16 Comments(0) よもやま話社会つれづれ

2021年11月28日

磨き貝作業・・・

磨き貝作業・・・

ここ最近は、糸島の工房でアワビ貝殻を磨いております。。。


ディスクサンダーで粗方の研磨が終わった貝殻を
今度はハンドルーターの砥石ビットを使って、
サンダーで取れなかった凹みの「稜柱層」をコツコツ削り落として行きます。


貝殻突起(角)の難しいところも、ビットを使って丁寧に。。。

貝殻は「殻皮」「稜柱層」「真珠層」の三層からなり、
写真の貝殻は、既に殻皮を全部取り除いていて、
残っているこの茶色い稜柱層を粘り強く削り落として
真珠層だけにしようとしているわけであります。


さて、これでだいたい稜柱層が取れ、真珠層全体が現れました。
あとは、また研磨ヤスリの番手を細かくして行き磨き上げます。


中々根気のいる作業ですが、今回は8~10枚程度のノルマです。
引き続き頑張って行きましょう。


ここ数日は風が冷たいですが、よく晴れて作業には持って来いです(^^)/


いろいろやって、日が暮れて~で、
また後日頑張りましょう!  


2021年11月25日

春吉の寿司店で・・・

春吉の寿司店で・・・

今日のお昼は、春吉の『鮨 藤よし』にて
お客様と御食事をご一緒させて頂きました。


最後に出てきたお味噌汁。
趣向を凝らした大変美味しいお鮨の数々を頂いた後、
このアサリと海老でじっくりと出汁を取られた一杯は
〆にふさわしい奥行き深い味わいでありました。。。(感動!)

やはり、素敵な御食事は、大切なひと時と思い出、
そしてセンスを呼び覚ます余韻を残してくれますね。
有難いことであります。




  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 23:02 Comments(0) よもやま話

2021年11月24日

貝殻貨幣経済・・・

貝殻貨幣経済・・・

わたくしと大将、二人だけの最小貨幣経済・独自レートにより、
貨幣(貝殻)の交換取引が成立!!

大入り二袋、全25Kgオーバーの貨幣を
私用現金輸送車で運んでまいりました。重い!!(;'∀')


この青網袋いっぱいに貨幣が詰め込まれ、、、
取り出すと相当な現金量であります(・_・;)


1円~じゃなかった1貝、2貝と数えて、、、
貨幣としての価値は大きさでも決まりますので、
小貝、中貝、大貝、特大貝、特々大貝と、
まずは貨幣サイズ別に整理して車に積みます。。。

☆ミニ貝は通貨になりませんので、
 その辺は大将にお願いしております(^^)



分別と詰め込み完了です。。。
あとはうちの造幣局に持ち込み、諸々の検査と加工が待っております。

この現物貨幣が、磨き上げれば上げるほど
価値の高い貨幣=磨き貝(3000円札相当)、磨き貝・上(5000円札相当)、
ミラクル特々大磨き貝・上(1万円札相当)に化けるのであります('◇')ゞ

☆大将またうちの高額紙幣と交換してね!(笑)  


2021年11月23日

出刃くん 漆塗り仕上げ・・・

出刃くん 漆塗り仕上げ・・・

ついで作業からずっと進めていた出刃包丁の柄塗り、、、
やっと仕上げ作業に入りました。


柄本体の上塗りは終わりましたので、
柄縁の最後の塗りをまず行って、、、


磨き前の研ぎを施し、、、このあと摺り漆。


翌日乾燥したところで、柄全体を呂色磨きします。
柄のアサギ色が程良く露出するように、慎重に磨きを進め、、、


最後の摺漆を。。。


そして本日、最後の呂色磨きをして、
螺鈿象嵌前の漆塗り作業はこれで完了です。


だいたいイメージに近いシブい感じに仕上がりました。
表面はボコボコになって、凸ったアサギ色の山の間は深い青渋茶に。

だいぶ荒々しく仕上がりましたが、、、
今回のテーマ、実は『冬の玄界灘』なのであります。(^^)
寒々しいどんよりとした空、そして冷たい季節風にさらされた玄界灘の様子。
波打ち際の泡立ちと潮騒、波間に見える重々しい海中、、、
そんな中で、青緑にチラッと輝く一面ものぞかせてくれます。

厳しい中にも、彩りと美しさを見せる冬の玄界灘の姿は素晴らしく、
そこで揉まれた海の幸もまた美味しい。。。
捌く手にも喜びと感謝が宿る、、、そんな柄塗りの趣向でございますね。
そうですね~この塗りは、、、勝手に『玄界灘塗り』とでも称しましょうか(^.^)


機能性も重視し、感触の良さ、しっかり持てる感を追及。


滑り止めとして、2種の表面仕上がり(肌合い)を設定~
凹凸感のある柄と、磨き上げた艶っつやの黒柄縁がダブル機能します。
☆ちょっと大げさ!(笑)

こんな感じで仕上がった出刃くんの柄塗りですが、
あ~しかしまだ完成はしておらず!!
この後はしっかり螺鈿を作って象嵌せんと~~ですね。
別案件に取り掛かりますんで、、、
果たしていつになることやら。。。(^^;

つづく。。。


  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 18:38 Comments(4) 制作日記漆塗り

2021年11月21日

つづく貝殻磨き・・・

つづく貝殻磨き・・・

11月の第3週は、けっこう貝殻磨きばかりやっています。
昨日もまた、そのつづきを。。。(^^;


いや~昨日は暖かくて、正真正銘の小春日和でした(^.^)


陽気の勢いで、、、手間がかかるマダカアワビ磨きも~(^-^)/


連日の研磨作業でちょっと疲れが、、、(^^;
一旦ちょいとデッキチェアで横になって休憩~。


最終的な磨き作業にまで至りませんでしたので、
またこのつづきは次回に。

ひたすらつづく。。。(^^;



☆一昨日は月食でしたが、昨日は宵の明星(金星)がとても奇麗でした。  


2021年11月19日

出刃くん 本体最後の塗り・・・

出刃くん 本体最後の塗り・・・


さて、出刃くんの柄については、昨日の上塗りが乾きましたので
いよいよ最後の塗りに入ります。

しかし、、、その前にやらねばならぬことアリ!(^^;


柄縁については、刀身との境目がボロボロなので、
ここに錆付けをして安定させます。


まずは一回目の錆付けをば。。。
錆(漆+粘土+水)は、あまり一度に厚付けすると中が乾燥しませんので
だいたい2mm程度の厚さまで一旦付けます。

半日ほど乾かして固くなりましたので、
2度目の錆付けも行いました。


そして、いよいよ柄の方であります!
数日前に作った生漆入りのアサギ色漆へ、
更に黒漆を少々混ぜて、更に濃い色目を作ります。


コレ、一見あざやかに見えますが、、、
乾燥しましたら相当濃くなるハズです。
試し塗りで乾燥の色味加減を見ないで、
一か八かでこのままやってみます!(^^;


筆でうっすらと塗った後に、指の出番!
凹みに漆が入って行くよう擦り込みます。


山(凸)の表面は、乾燥後に今日塗った濃い目アサギを磨いて除くので、
ワイプオールでサッと拭いて、出来るだけ薄くしておきましょう。

こういうのは初めての試みですが、
どういう風な表情や色目で仕上がるのか、、、
不安と期待が交錯しますね(・_・;)

つづく。。。
  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 22:07 Comments(0) 制作日記漆塗り

2021年11月18日

アワビパーツにバフがけ・・・

アワビパーツにバフがけ・・・

本日も糸島の工房へ。。。
3日連続というのは、本当に久しぶりであります。


今日は磨き作業工具=ハンドルーターを持ち込んで。。。
ディスクサンダー固定台がそのまま使えて助かりました(^.^)


アワビパーツをミニバフで磨きましょうね~。


工房に行ったのは午後で、、、
今日の午前中は、出刃くんの作業を進めておりました。


先日塗った下塗りのアサギ色漆+生漆は、、、
もうすっかり乾きました。


ということで、研ぎであります。
この研ぎ加減で、最終的な山(炭粉凹凸)の高さをほぼ決めようかと。。。
仕上げへ直結して来るだけに、だいぶ慎重に進めました。


だいたい研ぎが完了。
出っ張ったところは、下地の炭粉が出て来てますね(^^;


握った具合はこれで良い感じ!(^.^)


ということで、次なる塗りを。。。
今回は、古いアサギ色漆(左)と比較的新しいもの(右)をミックス!
古い方は極度に乾燥が遅く、新しいものと混ぜると、
ホドホドに乾燥が遅い漆になると予想しています。

今回はそれが何かと好都合でして、ゆっくり乾燥することで、
凹凸に段差部分に出来やすいチヂミを避けられますし、
アサギ色の発色もだいぶ良くなるでしょう。


凹み部分に漆が溜まり過ぎないよう気を付けて塗り終えました。
今回もまたこんなに鮮やかですが、、、
やっぱりある程度渋く変化した色味になって乾くでしょう。(^_^)

つづく。。。
  


2021年11月17日

久々の貝磨き・・・

久々の貝磨き・・・

昨日、今日と工房で貝殻磨き。
お天気が穏やかで助かっています。


大きめの貝殻を選び~


切り株くんの前でいつものように準備して~


まずは研磨をすすめ~


ひたすら削り~(((^_^;)


一旦終了~


湯気立つような空ですな~。
どんだけ湿気が多いんですか(((^_^;)

  


2021年11月17日

出刃くん 中塗り進める・・・

出刃くん 中塗り進める・・・

炭粉の固めが終わった出刃くん、、、
これから中塗りの開始です。


古くなった青味のアサギ色漆に生漆を結構混ぜて塗ります。
古い漆は乾燥しずらくなってますし、下塗りは濃い目にすることにしてましたので、
活きの良い生漆を半分以上混ぜました~(^.^)
最初はこんなに青いんですけどね。。。


まだ炭粉が高いので、、、
ホドホドにキムワイプに吸わせて際のチヂミを防ぎます。


そして翌日、、、やっぱりこんなに濃くなりました(^^;
元の色味とは全く異なる様相に!
でもしっかり乾きましたね~。

つづく。。。  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 12:33 Comments(0) 制作日記漆塗り

2021年11月14日

出刃くん 炭粉研ぎ・・・

出刃くん 炭粉研ぎ・・・

ついでではなくなった「出刃くん」。
昨日、柄に蒔き付けた炭粉の固めを行って一日乾かしておりましたが、
今日はその研ぎと2回目の固め、、、と思っての作業を。


粗目のペーパーでまずは慎重に手研ぎです。
あれだけたっぷりと漆を吸っていた大粒の炭粉たちのことです、
そんな簡単に中まで乾くはずはない、、、と思ってたらやっぱり!(^^;
表面だけ乾いて、けっこう中はグチュグチュ状態~(;'∀')


ということで、表面をザッと手研ぎしてからは
そこまで研ぎ進めずにサッと水洗い。
低湿度で乾燥させていただけに、
粉の際にチヂミが見当たらないのが幸いでした(^-^;


柄縁や螺鈿を貼る部分にはみ出ていた炭粉を取り除いて、キッチリ清掃しました。
またムロに暫く入っといてもらいましょ~。

つづく。。。  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 18:09 Comments(0) 制作日記漆塗り

2021年11月13日

ついでの出刃くん 炭粉蒔き・・・

ついでの出刃くん 炭粉蒔き・・・

加飾の作業に入った「ついでの出刃くん」。
昨晩は、その最初の作業=炭粉蒔きから。。。


今回は、これまで使ったことのない最大サイズの炭粉を蒔きます。
だいたい粒子の大きさ0.8~1.0mm程度でしょうか。
接着用の生漆を柄に塗って、、、


しっかり蒔き付けました。
このままムロで一晩乾かします~。


そして本日、、、だいたい乾いたようなので
生漆と黒呂色漆を半々に調合した呂瀬漆を純テレピン油で等割し、、、


炭粉に塗って(浸み込ませて)固めを行いました。。。
粉が大きいためか、漆を相当量を吸いますね!(^^;

このように塗った状態ですぐムロに入れると、
粉際にチヂミなどの乾燥トラブルが発生することがありますので、
暫くこのまま常温で置いた後に、ムロに入れて湿気を吸わせ
呂瀬漆を乾燥(硬化)させます。

粉が大きく、高さもあるため、
明日はまた念入りに2度目の固めをしましょうかね。

つづく。。。






  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 17:24 Comments(2) 制作日記漆塗り

2021年11月12日

ついでの出刃くん 加飾へ・・・

ついでの出刃くん 加飾へ・・・

ついでの出刃くん、ついについででは無くなって、、、(^^;
加飾に入って行きます。


まずは中塗り3回目が乾き、、、


しっかり研ぎ入れます。。。

どんな塗りにしようかな~~~と思案した結果、
やったことのないタイプの変わり塗りをすることにしました。
まずは炭粉を蒔いてからのスタートになります。


デザイン図面を起こしてみました。
上手く行くのやら~ですが、、、ともかくやってみましょう(^.^)


この橘の花は、以前に琵琶塗りで使ったオリジナルものです。
ちょっとアレンジ(=萼の部分)を加えて、、、
今回は白蝶貝でなく、何か別の貝にしてみましょう。

つづく。。。


  


2021年11月07日

秋のジョグ日和・・・

秋のジョグ日和・・・

今日は素晴らしい秋晴れの日曜日、、、
ということで、足も自然とジョグに向かって行きます~(^^)/


良く晴れてますね~♪


いつもの根性階段入り口では、、、
ハゼの木?が黄色く色づいて来ました。
ハゼって葉っぱが赤くなるのかと思ってましたが、果たして?(^^;


いずれにしましても、奇麗なので良しとします。。。(^.^)


根性階段の反対の坂を珍しく下りて行きますと、、、遠目に、ん!?
動物園付近に親子連れ、そして入り口には大勢の人だかりが!!


そうか、日曜日の開園時間前ってことですね~。
みなさん、たくさん楽しんで下さいね~(^^)/


  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 12:16 Comments(0) よもやま話

2021年11月04日

散歩道中の秋深まる様子・・・

散歩道中の秋深まる様子・・・

11月に入りました!
日差しはまだちょっと強めですが、
だいぶ気温も20℃前後と、肌寒く感じる様になって来ましたね。

体力維持のための健康散歩、、、
日に5000歩以上という目標を持ってやっております。
植物園へ、どこぞの公園へ、そして街中へと歩を進めておりますが、
天気が悪い日は家の中でも。。。(^^;


先日、また福岡市中央区の天神に用事を兼ねて散歩した際は、
とてもきれいな秋深まる空が広がっておりました。(^.^)


植物園のススキも、盛り?のようで、とても美しく(^^)/

これから更に秋本番といったところ。。。
楽しみつつ、健康にも配慮して過ごしたいものです~。  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 11:51 Comments(0) よもやま話

2021年10月30日

ついでの出刃くん 刃も研いで・・・

ついでの出刃くん 刃も研いで・・・


ついでの出刃くんは、1回目の中塗りが終了。


2回目の塗りに行く手前で、、、刃~汚いですな!っと思い、
ペーパーで砥いで少し綺麗にしておくことにしました。

本当は『砥ぎ』に行きたいところですが、
いま鋭くなってしまうと本当に手を切りかねませんので!!(・_・;)
塗りが終わってから~ということに致しましょう。


刃も塗りも研いで、さぁ~ついで作業で2回目の中塗りと行きましょうか。
つづく。。。  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 17:05 Comments(0) 制作日記漆塗り

2021年10月29日

ついでの出刃くん 中塗りへ・・・

ついでの出刃くん 中塗りへ・・・

ついでだけあって、なかなか順調に進んでいる出刃くん。。。(^^;


錆付けも順調に終わり、、、


しっかり水研ぎして、、、
夜中に研いでいると、日本昔話を思い出します~怖!(;'∀')


だいたいスルッとした肌になりました。


固め~研ぎをまた施して、いよいよ中塗りへ~。


加装するとなると、ここからがまた長いでしょうが、、、
ついでなので、中塗りまでは早く進むことでしょう。

つづく。。。


  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 18:11 Comments(0) 制作日記漆塗り