2020年02月21日

鞘塗りご紹介~龍虎螺鈿鞘(大小)

鞘塗りご紹介~龍虎螺鈿鞘

鞘塗りご紹介のラストは、今年に入って完成~納品した
『 黒漆蝋色塗龍虎螺鈿鞘(大小)』*仮称です。

難しい課題も多くあり、当方の様々な事情もあって製作に1年以上を要しました。
やっと先月納品することができましたが、内容の濃いご依頼を頂いた上、
長期間に渡って忍耐強く待って頂いたお客様には本当に感謝しております!


 龍虎が睨み合う構図での鞘大小セットというオーダーです。
 全体に青貝粉蒔きを行い、鐺付近に菊紋も配もしております。


 龍鞘の表裏姿。


 青龍は天界にて霊芝雲(れいしぐも)を伴い、天象の神として地上界を見下ろす、、、
 そのようなイメージでもあります。


 龍鞘裏面の霊芝雲たち。
 霊芝は万年茸の中国での呼称。
 この形を雲にかたどり、吉祥文様として古くから使われてきたとのこと。


 虎鞘表裏姿。
 古くから、虎には竹との組み合わせが多く見受けられますが、
 紅葉とのミックスという斬新なオーダーを頂きまして、
 色合いとしては金色の裏彩色を施した螺鈿にて紅葉を表してみました。


 虎もまた、青龍と呼応するかのように青みの裏彩色を施して青虎と成す。
 龍と虎は共に青もしくは緑系統とのオーダーがお客様からありましたが、
 このことが、デザインする上でイメージ作りに欠かせない重要な要素となりました。


 虎鞘裏面の紅葉螺鈿。


 鞘大小の表裏に施した菊紋。
 銀の裏彩色を施した螺鈿粒を菊紋にかたどり、研ぎ出し螺鈿として表現しました。


今回の製作で難しかったことは、
複雑な絵柄の螺鈿を、かなり曲面のきつい鞘躯体に対し、
いかにスムーズに貼付するかという点、
また、施した全ての螺鈿を一つの曲面とするため、
特に貼付した絵柄螺鈿を極力傷めることなく、
全体を研ぎ出して終わる点が挙げられます。

以上のミッションを成功させる為には、
平板で固い螺鈿の加工から貼付に至るまでのテクニック向上および刷新と、
マスキングテクニックの新たなアイディアが必要となりました。

これらの難点を何とかクリアでき完成と相成りましたが、
今回得られた技術や内容は、次なる製作に必ず活かして行けると確信しています。

  


2020年02月21日

鞘塗りご紹介~波紋鞘

鞘塗りご紹介~波紋鞘

鞘塗りご紹介の二つ目は、昨年秋に製作した「波紋鞘」。
湖面に落ちる水滴で出来た波紋を、金箔、銀箔の切り廻し(砂子)で表現しました。



 鞘全体像です。



 鞘の曲面に対して曲線の表現。
 以前、尺八につる草を絵付けしたことがありましたが、
 その時と同様、デザイン画のイメージを実物に落とし込むのが難しかったです。


 ベース色は深い緑色。
 湖面のイメージ色としました。。。


 箔を押した後は、よく乾燥させてから箔の上から摺り漆をうっすら施しました。
 特に銀箔は空気中の酸化硫黄物で焼ける(錆びる)ので、摺り漆は欠かせません。

波紋鞘のイメージ作りにおけるコンセプトは、
伝統的仕様=金砂子を使いつつ、シンプルかつモダンに自然の情景を表すこと。
波紋の配置や間の取り具合にかなり気を配りながら、デザイン作業を進めました。

箔押しするエリアが限定的な上、鞘という3次曲面であるため、
いつもとは違うマスキングも方法を考え、作業を展開。
どういう手順・工程で進めるか、かなり思案した次第です。

まだまだ工夫の余地がある製作ではありましたが、
大変勉強になるご依頼でした^^

  


2020年02月20日

鞘塗りのご紹介~金箔鞘

鞘塗りのご紹介~金箔鞘

お客様の許可を頂きましたので、
ご依頼→当方で塗りや装飾を施した幾つかの日本刀鞘をご紹介して行きます。
まずは昨年夏~秋にかけて製作した金箔鞘について。


 金箔鞘の全体像です。


 この箔押しご依頼は、通常の仕様(金箔平押し)とはだいぶ違うものでした。


 細かい切り廻し=砂子(金箔の粒)で3重に箔押ししております。


 箔押しが終わって、蒔絵筆で銘入れ(黒漆)を行い、最後にうっすらと摺り漆を施しました。



 金箔鞘、箔押し作業の様子もご紹介。まずは箔濾し作業から。。。


 箔押しの上に重ねて箔を蒔き、、、


 蒔きつぶして、、、


 あかし紙や真綿で押さえて、、、


 乾燥後に真綿で箔払いして、、、


 真綿でそっと磨いて箔押しの1工程が完了です。。。
 この作業を3回繰り返したわけですが、
 それ以前に、木地の状態から下地~中塗り迄も施しました。

鞘塗りを全工程行いますと、やはり工程数の多さが改めて分かります。
各工程気を抜かずにやらないと、後で必ずしっぺ返しが来る漆塗り。
その厳しさを毎回味わった次第です。


 普通の箔押しとは違い、拡大して見ると豹紋のような表情が。。。

初めて行った難しい作業ではありましたが、また一つ勉強になったご依頼でありました。

  


2020年02月07日

曲禄の完成と納品・・・

曲禄の完成と納品・・・

ようやく曲禄(お坊様の椅子)の塗り直しが終わり、
先日、筑後のご依頼主=お寺へ納品して来ました。


 お寺の本堂にて。

既存の漆塗りを剥ぎ、金具の錆落としと再塗装を行いましたが、
作業の度に数々の難問が発生し、その都度課題に取り組みながら進めました。



 こうやって眺めると、感慨深し。。。長かった(^^;


 背もたれは歪むし、気を使いました。
 調整しながら、最後は何とか全体を組み上げることが出来ました。


 箔押しの技術はまだまだ、、、修行が必要です。


 金具は再塗装。
 彫られた線が潰れないよう、塗膜は極力薄くなるような工夫をしました。 


 ビフォ~


 アフタ~


 座面ビフォ~


 座面アフタ~


 本堂の立派さには圧倒されました。
 箔押しや彫刻など、、、凄いです。


 獅子と牡丹。素晴らしい。。。


この塗り直しは、ほぼ1年がかりとなりましたが、
仏具や木工に関して凄く勉強になったご依頼でした。
また永くご活用されることを願っております!  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 14:37 Comments(2) 制作日記金箔・金粉漆塗り

2020年01月12日

日本刀鞘塗り完成・発送・・・

日本刀鞘塗り完成・発送・・・


 完成までにかなりの長期間を要した鞘(大・小)を本日発送しました。

螺鈿に関する技術が特に難しかったのですが、
今年の目標「産」にふさわしく、まさに産みの苦しみを味わうことになった鞘塗りでした。
初めて挑戦する課題が幾つもあったデザイン・仕様でしたが、
何とかクリヤーできて少し安堵しています。

また、長らく待って頂いたお客様には、
大変お待たせしていつも申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが、
ご依頼を頂きまして本当に感謝しております。

絵柄などは公開できませんが、
お披露目できる機会があればご覧頂ければと思います。


  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 19:24 Comments(0) 制作日記漆塗り鞘塗り

2020年01月09日

十日恵比寿神社へ参拝・・・

十日恵比寿神社へ参拝・・・

十日恵比寿神社へお参りに行って来ました。
今日はお天気も良く、神社近くの千代町へも少し足を延ばし散策してきました。



 毎年のことながら、凄い賑わいです。。。


 おっ!いつもお世話になっている「あご入り兵四郎だし」の提灯が^^


 お参り後の千代散策。。。
 うちの父方の祖父母が戦後の一時期に住んでいた町です。
 懐かしか~確かこんな家を借りてたっけ~^^


 立派なお寺がありますばい、、、
 境内に入ると、かすかに記憶にあるような~ないような~。


 この切り株くんは、、、渋か~~。梅ですかいな~


今年も良い年になりますように。。。^^(祈)

  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 17:47 Comments(0) よもやま話

2020年01月04日

2020年 仕事始め&初出荷・・・

2020年 仕事始め&初出荷・・・

昨日=1月3日は、今年の仕事始め&初出荷を。

今年最初の仕事は螺鈿サンプルの製作。
ご依頼先の仕事始め=6日に間に合わせるように、、、ということで。
昨日は、お昼過ぎからダッシュで作って梱包し、出荷しました。



 大晦日に選別していた薄貝を使って。
 カット→着色→乾燥を猛ダッシュで!(^^;


 夕方17時ころに博多駅前郵便局へ到着!!
 マジですか!?この行列は・・・(;'∀')
 やはり小さい郵便局が閉まっているこの時期はね~。
 皆さん出したいものはこちらへいらっしゃるか~(^^;


諸々押しておりますので、まったりしてもいられず、、、
今年も始めましょう!  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 17:30 Comments(0) 制作日記よもやま話

2020年01月01日

2020年 新年のご挨拶・・・

2020年 新年のご挨拶・・・

明けましておめでとうございます
今年も宜しくお願い申し上げます


 今朝の福岡は晴れ渡っています。とても気持ちの良い朝となっておりますが、
 昨年と同じく朝ジョグで幕開けしました。
 南公園西展望台からの眺めは素晴らしかったです。

さて、当工房で毎年元日の恒例となっている「今年の目標漢字一字」ですが、
2020年は「産」ということに致しました。

昨年は、苦しみ這いつくばりつつも、
時折ジャンプして(跳ねて)次のステップへ!!ということで「跳」にしましたが、、、
文字通りバタバタと跳ねまわって、物事が遅々として進まず、方々にご迷惑を~汗。
相変わらず情けない限りです(^_^;)

もうもがき苦しむ状況は常にあるということで、コレを受け入れ、
向上心を持ってやるしかないな・・・と、そう心得て行こうと思います。

当工房で培ってきた技やアイディアを次の展開へ、、、という事案が幾つもあります。
そろそろ始めないと~、形にしないと~、
新しく産み出す~~~産出、産業、ということで「産」。
これを今年の目標として努力していきたいと考えております。


 快晴が広がる2020年元日の福岡市内。
  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 11:50 Comments(0) 制作日記

2019年12月17日

七人の侍たち・・・

七人の侍たち・・・


 ある作業のため、たまたま勢ぞろいした私の第二の手=七人の侍たち。

ま~普段から使い込んでいる「七つ道具」とも言えるでしょう。
本当に今年もドロドロになって一緒にやってきましたが、、、
年末にかけてもうひと頑張りして行きましょうね。  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 03:09 Comments(0) 制作日記

2019年11月26日

曲禄の朱漆塗り・・・

曲禄の朱漆塗り・・・


 年末までに終わらせなければ…と思っている大物の一つ=曲禄。
 朱塗りまで何とか終わりましたが、
 11月も色々あってなかなか作業が進みませんでした。
 また他の作業や用事があって、12月に入ってから箔押ししますが、、、(^^;

幾つかの大物は年内に納品しないと、心安らかに年越しできません~。
頑張ろう!!  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 12:47 Comments(0) 制作日記漆塗り

2019年11月21日

螺鈿作業デー・・・

螺鈿作業デー・・・

11月に入って、諸々納品が多くなっております。
継続的にご注文頂いているお客様、
お待たせしていたお客様など様々ですが、
コツコツと製作して、やっと納品・・・という感じです。
☆ブログの更新もままならず~(^^;

また、大変お待たせしている大物や難しいご依頼につきましても、
年内に終わらせる向きで製作を進めています。
これらが終わらないと、心安らかに年を越せない感じです!がんばります。

そんな中、ここ数日は螺鈿作業デー。
この11月中、集中力が一番求められる作業になっています。。。


 色味が派手で上質な薄貝材料をピックアップ。
 ご要望の形状に加工して行きます。
 具体的なモチーフは決まっていますが、かなり難しい図柄なので、
 色々と先を読みながら作って行かねばなりません。


 朝ジョグ時に思わずパチリ☆
 紅葉と青空の対比が、さらに美しくなって来ました。。。

今日は一段と良い天気でした。
四季の移ろいにも時折楽しく目を向けながら、
日々の制作に励みます!


  


2019年10月27日

鞘塗り 箔押し作業・・・

鞘塗り 箔押し作業・・・

10月も、もう終わろうとしています。
作業に追われていると、時間が経つのが本当に早いですね~。

さて、今月は鞘塗りの作業も色々とやっておりますが、
箔押しをする鞘が2本あり、一つは既に納品。
もう一本を現在急いで作業しております。


 後で施す箔押しのことを考えると、テクニック的に難しいマスキング。
 鞘の曲面に対して曲線の図案ということが難しくしている大きな要因です。
 先に考えていた手法は使えないことが分かり少し中断しておりましたが、、、
 やっとマスキングの応用テクを考えつきました。
 あとは図面目視というアナログ的手法で何とかクリヤーしました。


 しっかり準備して、いざ本番へ!
 まずは箔を濾す作業から、、、秘密の振りコマも用意します。。。


 粗目の砂子(切り廻し)を濾して、、、もう少し細かくします。


 金箔の作業は昨日無事に終わり、、、本日、銀箔の箔押し作業へ。
 銀箔は金箔に比べて幾分厚みがあるので、少し要領が変わって来ます。
 気を緩めることなく、しっかりやっていかないと~。


 そして、銀箔の作業も無事に終わりました~。 
 ベストは尽くしていますが、箔払いをしてみるまで上手く行っているか
 ハッキリとは分かりません。どうか修正無く終わりますように!
 





  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 18:30 Comments(0) 制作日記金箔・金粉漆塗り

2019年10月17日

曲禄の金具金入れ・・・

曲禄の金具金入れ・・・

一昨日は久々の工房作業。
曲禄の金具に金入れがやっと出来ました。


 最近流行りの、、、展開写真(^^)/


 塗装上手く行って下さいね~(祈)



 粉蒔き付けて、金入れ完了。
 塗装まで行うため、裏側に段ボール紙チップと両面テープを貼付する作業も行いましたが、、、
 これがまた結構手間で、塗装まで含めた全工程に10時間もかかってしまいました。


 立体的な金具には、それなりの固定を~(^^;

メタル粉塗装すればそんなに時間はかからないんですが、、、
細かい彫りの線が潰れてしまいますからね~。
出来るだけ薄く金粉蒔き付けるという選択をしました。



 昼間に確認した切り株くん。。。
 あ~はげっちょろげになってしまってます、、、(^_^;)
  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 13:22 Comments(2)

2019年09月27日

9月も、もう終わり、、、

9月も、もう終わり、、、

もう9月が終わろうとしています。
諸々の作業が同時進行中ですが、最近は1週間がとても早いですね!(^^;

金継ぎご依頼品は、金粉蒔き付けが完了。そろそろ納品へ!です。
一つ一つコツコツと。。。


 弁柄漆を蒔き絵筆で塗って、、、


 丸粉3号を急いで蒔きます。。。
 この陶器の肌は、金属質の釉薬が混ざっているのか、かなり粗いので、
 蒔絵用に使っているかなり柔らかい漆=弁柄漆は滲みやすいことが分かっています。
 弁柄漆は極力薄く塗り、間を置かずに金粉を蒔き付けて行きます。


 金粉蒔き後に、金線の輪郭が綺麗でないところを竹串刀で削って整えます。
 やはり僅かな滲みが結構出ていたので、削り作業には時間がかかりました。


 大将から預かっている10枚程の器たちは、
 一つは丸粉3号で、他は金消し粉で蒔き付け。
 他料亭様の3枚は、丸粉3号で、、、
 という具合に、器によって粉を使い分け。

 粉の使い分けは、色々と理由がありますが、、、
 ご依頼内容や状況で変わって来ます^^


 下地が終わった鞘は中塗り中。
 黒呂色漆をあと1~2回塗り&研いで、より平滑にして行きます。


大変お待たせしているご依頼や、
新規ご依頼(デザイン案件)も幾つかありますが、
身体が一つなのに手間はかかるので中々進まない。
そこを何とかしないといけないです。

10月は増々自分を追い込まないと、、、ですね~(^^;


  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 22:02 Comments(0) 制作日記漆塗り

2019年09月22日

鞘塗り下地の固め作業・・・

鞘塗り下地の固め作業・・・

7月から始めた鞘塗り下地は固め作業へ。
今年は諸々ご依頼で、下地からの作業が多くなってます。


 接着した栗形の脇に残っていた隙間は錆で埋め、、、本日研いで、、、


 やっと下地固めへ。。。
 生漆をよくかき混ぜて、、、


 下地に生漆を吸い込ませます。
 プラスチック箆は鞘の曲面へよく馴染んでくれるので、よかよかです(^^)/
 それにしてもま~今回の下地も生漆を良く吸い込んでくれます(^^;


早いもので、9月も下旬に入ります。
金継ぎ、貝細工アクセサリー、貝材料加工、曲禄の塗り直し、
新しいご依頼案件のデザイン作成を幾つか、そして鞘塗りを数本と、、、
なかなかに目まぐるしい感じとなってきました。

今年も終盤戦へ向けてバタバタと跳ねながら
もっと頑張らないといけませんね(^^;  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 14:53 Comments(0) 制作日記漆塗り

2019年09月20日

金具再生テスト・・・

金具再生テスト・・・

塗り直ししている曲禄の金具再生テスト。
メッキし直すのが一番ですが、、、伝統的な手法も取り入れ、
別のやり方で何とかなるかも・・・と思い、昨日テストしてみました。


 経年劣化で、なかなか厳しい状態。錆びやら汚れやら、、、(^_^;)


 まずはしっかり研いで、真鍮金ブラシでこすって、シンナーで脱脂して、、、


 金属用塗料を塗布してから半乾きにして、
 金粉(真鍮粉?)をたっぷり蒔き付けてみました。
 ここまではとても良い感じですが、、、実はこの後のコーティングが問題です。
 手は考えてありますが、果たして(^^;)


 ほどほどに粉固めの塗料を吹いて、完了。
 吹き加減が予想通り難しいですが、上手く行きそうです(^^)


 最終的に、もう一回別の透明塗料を吹く必要がありそうですが、
 そのテストは大丈夫と思いますので、これでGO!サイン出します。


今回のような仕様テストは初めてですが、
これまでの経験(技術的裏付け)がかなり役に立っており、
実現に持って行ける応用力、対応力がだいぶ身についてきた感じです。
   


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 13:14 Comments(2)

2019年09月08日

修理した琵琶糸巻 ご依頼主の元へ・・・

修理した琵琶糸巻 ご依頼主の元へ・・・

先月=8月のことではありましたが、、、
修理が完成して納品した琵琶糸巻が、
ご依頼主の元で本体に取り付けられたとのご連絡がありました。


 ☆メールで送って頂いた写真です。

音色も大変素晴らしく、重さも軽いとのことで、
糸巻は無事に機能を果たしているようです。安堵致しました。
丁寧な御礼のお言葉も頂きまして、本当に嬉しく思います!(^^♪

しかも、ご依頼主のお師匠様と兄弟子の方がこの琵琶をご覧になったところ、
なんと昭和の名工=津留崎鎮助作の貴重な琵琶であることが判明したとのお話でした。
このことを知って「あ~何とかなって良かったな~」っと、心の底から思った次第です。  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 19:07 Comments(0) 漆塗り楽器装飾

2019年08月29日

曲禄の中塗り作業・・・

曲禄の中塗り作業・・・

もう8月も終わりがけになってきましたが、
最近は毎日のように強めの雨が降っていて、
ちょっといつもの年とは違う秋雨前線の様相を呈してきました。
漆塗りには比較的良い条件ではありますが。。。(^^;


 曲禄の塗り直し作業は、中塗り(黒漆塗り)の工程に入り、
 大体塗り終えています。

現在は諸々の案件があって中断しておりますが、
数日後に作業再開です。

様々なこともあって、なかなかご依頼をこなし切れていないですが、
9月はじっくりコツコツと制作に集中できる状況となりそうですから、
しっかりやっていこうと思います。
  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 21:43 Comments(0) 制作日記漆塗り

2019年08月14日

曲禄の下地作業・・・

曲禄の下地作業・・・

曲禄塗り直しの仕事は、7月後半から工房での下地付けに入り、
今月中旬からは自宅作業部屋での塗り作業に入っています。

ともかく工房は空調がないため、
この厳しい暑さの中、作業は過酷となります。
ということで、今月からは自宅での作業へ移っているのであります。(^^;

7月後半~8月上旬の工房では、、、


 木部の木固め(漆を吸わせる工程)や損傷個所に漆パテを埋め込む作業が終わり、
 下地(切粉地や錆)を付ける作業に入りました。


 切粉地付けも2回実施し、、、


 下地を付けては、屋外で空研ぎして、、、


 錆付けをようやく終えてから水研ぎに入り、、、
 連日の過酷作業に耐え切れず、、、
 水研ぎは未完了のまま、全て自宅へ車で持ち帰りました。


 自宅に持ち帰ってから、まずは水研ぎを完了させ、
 生漆を下地に吸わせる作業を開始。。。


 生漆を2度吸わせた曲禄背の部位。
 それにしても、いっぱい吸ってくれました。
 生漆の量が結構必要となり、、、(^^;


そんなこんなで、曲禄の塗り直し作業は、
いよいよ中塗りに入って行くこととなります。

つづく。。。



  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 22:57 Comments(0) 漆塗り

2019年08月08日

琵琶糸巻修理・・・

琵琶糸巻修理・・・

先月後半から、筑前琵琶糸巻部分の修理をしており、昨日完成しました。

どうするか、知人の琵琶修理職人さんにアドバイスを頂いたところ、、、
「ここは力のかかる所だから、専門の工房で作り直した方が良いでしょう。」というお返事あり!汗

しかし、ご依頼主のお話によりますと、新しく作るには余りにも高額の費用がかかるということで、、、
よくよくご相談の上、当方でチャレンジすることとなりました。

楽器の修理は専門外。音にも関係する微妙な領域です。
しかし、可能かどうか試したい気持ちもありました。
うちのテクニックを総動員して、、、果たして修理は成功するのか!?(^^;



 修理前の状態。バキッといっております。。。
 まずは、噛み合わせがしっくりいくように裂け口を慎重&微妙に研磨。


 合成樹脂を裂け口に対して丁寧に塗布して、
 硬化のタイミングを見ながら万力でガッチリ固定。
 この工程が今回の修理のポイント=肝とみて、相当慎重に行いました。


 接着完了。しかし、これで終わらないのが今回の修理。
 「力のかかるところ、、、」という一言が、この後の工程、仕様を考えるきっかけになりました。


 研磨して、、、


 マスクして、、、


 摺漆して、、、


 摺漆の乾燥後に、一旦糸巻棒を入れて確認。
 嵌り具合を見ながら、穴の微妙な調整をして、、、


 布着せます、、、


 折り目を付けて、いい具合に巻けました、、、
 

 糊漆塗って、、、


 布を貼って(着せて)、、、


 カットして、、、1回目の布着せが完了。
 乾燥後に2回目の布着せへ、、、


 形状に合わせて布に折り目を付けて、、、


 糊漆を塗って、、、


 貼ってから、余分にはみ出した布は断ち落として、、、
 また上から糊漆をしっかり塗ります。
 乾燥後に、孔の部分を切り取って調整したり、
 漆を上塗りする作業も行いまして、完成と相成りました。



 2回目の布を貼り、漆で固めて完成した状態です。


 糸巻棒の嵌め具合はしっかりしている感じ。。。
 後は、使って頂いた感じがどうか、、、というところですね(^^;


 もうちょっとやそっとじゃ割れてこないと思いますが、、、


 孔の所は特に弱そうなので、布をもう一枚巻いて、二重巻きの仕様にしています。

今回もまた難題のご依頼ではありましたが、何とかここまで仕立ててみました。
ともかく、お客様が上手く弾かれて、尚且つその後も状態が保たれてこその成功となります。
その結果を得るまでは安堵できないということになるでしょう。

納品後の結果が気になるところです!果たして、、、汗




  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 20:50 Comments(0) 漆塗り楽器装飾