2020年05月09日

茶道具(茶合)の塗りを開始・・・

茶道具(茶合)の塗りを開始・・・

かなり時間のかかる螺鈿作業を幾つかこなす合間に、
ご依頼の茶道具=茶合塗りも始めました。
こちらもオリジナルデザインで螺鈿を施す予定です。

茶道具(茶合)の塗りを開始・・・
 うちの2軒隣りの木工房=O氏に作って頂いた木地。
 両面を写し取って図面化しといて、、、

茶道具(茶合)の塗りを開始・・・
 生漆で木地固めです。。。

茶道具(茶合)の塗りを開始・・・
 よく吸いますね~^^

茶道具(茶合)の塗りを開始・・・
 塗装の基本!木地の小口にはたっぷりと下地塗料を吸わせましょ~^^

茶道具(茶合)の塗りを開始・・・
 余分な生漆を拭き取って、、、しばらく湿気を施したカプセルに入ってもらいます。。。

茶道具(茶合)の塗りを開始・・・
 しっかり乾きましたね~。つぎ行きましょう!


ということで、下地をどうするかアレコレ考えた末、炭粉下地にすることに。

茶道具(茶合)の塗りを開始・・・
 生漆を塗って炭粉を蒔いた様子です。
 軽く作った方がお茶っぱなどの分量を感じられて良いでしょうし、強度も持たせたい、
 木地が薄く繊細に良く作られているので下地も薄くしたい、、、
 それらの条件をクリアするためには、漆を吸収した薄い多孔質膜を作って
 強度を比較的保てる炭粉下地が適していると判断しました。


*以前ネットで見つけた下記資料には「元軍の甲冑は軽い」という
 鎌倉期日本側の興味ある文献が見受けられます。
 当時の元軍は寄せ集めの連合軍であったらしく、
 武具の漆塗りには「骨粉下地」などを使う民族が多い中で、
 炭粉のみ下地に使っていた民族も連合軍に加わっていたらしい、、、という分析もありました。
 炭粉下地が当時から行われていたとは。。。
 いずれにしましても、東方アジア圏では昔から弓などの武具に
 軽くて強度を持たせる漆塗りは欠かせないものであったんですね~。

 →参考サイト:独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所「鷹島海底遺跡出土の元寇関連漆製品に関する調査」icon100





同じカテゴリー(制作日記)の記事画像
インレイの下準備・・・
気合いの磨き作業・・・
派手色の螺鈿・・・
お盆の塗り直し・・・
琵琶塗り終わり、発送・・・
琵琶の部品修理・・・
同じカテゴリー(制作日記)の記事
 インレイの下準備・・・ (2020-09-22 18:28)
 気合いの磨き作業・・・ (2020-09-17 21:46)
 派手色の螺鈿・・・ (2020-09-16 22:31)
 お盆の塗り直し・・・ (2020-09-15 19:42)
 琵琶塗り終わり、発送・・・ (2020-09-14 16:00)
 琵琶の部品修理・・・ (2020-09-12 19:31)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。