2022年07月18日

新作鞘塗り③ 木地固めテスト・・・

新作鞘塗り③ 木地固めテスト・・・

先日よりご紹介している新作鞘塗りは、
今回で3回目の記事掲載ですので
タイトルに③のナンバーを振っておきます(^.^)

新作鞘塗り③ 木地固めテスト・・・
さて、現在は鞘塗りの準備を進めておりますが、
今日は、鞘を抜いて高精度ツナギを梱包し、
木地の漆固めテストを行うなどして、本製作に備えます。


鞘を抜くと、刀身の代替刃として柄に取り付けらえた
木製刃(高精度ツナギ)が出て来ます。。。

新作鞘塗り③ 木地固めテスト・・・
高精度ツナギは、そのままダンボール箱に入れると
刃が傷んでしまいそうですので、
少し硬めの和紙に包んでおきましょう!

新作鞘塗り③ 木地固めテスト・・・
全体を柔らかいクッションで覆うようにしてダンボール箱へ~。
数ヵ月ゆっくり寝といて下さい。(^.^)

新作鞘塗り③ 木地固めテスト・・・
こちらは栗形を仮止めしている皮ひもです。
結び目を解いて、、、

新作鞘塗り③ 木地固めテスト・・・
鞘から栗形を外すとこんな感じ。
台形の形に嵌め込むよう作ってあるんです。
これは「上下間違わないように!」って意味もあるような!?


こちらは鐺(こじり)を外している様子です。

さてさて、これで鯉口以外のパーツは鞘から取り外しました。

以前、鞘木地を生漆で固めていた時に、
生漆が中々乾かないというトラブルが発生したことがありまして、、、
ここは本作業に入る前に念のためテストをしとかんと~です!

新作鞘塗り③ 木地固めテスト・・・
まずは木固めの準備をば。。。

新作鞘塗り③ 木地固めテスト・・・
鐺周辺はテープ跡や接着剤が浸み込んだ跡がありましたので、
ココが一番乾燥が危ない!と判断。
ちょっと空研ぎしてから生漆をペタペタと~。

新作鞘塗り③ 木地固めテスト・・・
さて、しっかり先っちょに生漆が浸み込みました。
暫く乾燥させて様子を見ましょう。

つづく。。。







同じカテゴリー(鞘塗り)の記事画像
新作鞘塗り⑯ 接合部・下地の補正・・・
新作鞘塗り⑮ 鯉口・鐺の接着・・・
新作鞘塗り⑭ 錆付け・・・
新作鞘塗り⑬ 切粉地固め・・・
新作鞘塗り⑫ 切粉地付け・・・
新作鞘塗り⑪ 地固め・・・
同じカテゴリー(鞘塗り)の記事
 新作鞘塗り⑯ 接合部・下地の補正・・・ (2022-08-15 19:24)
 新作鞘塗り⑮ 鯉口・鐺の接着・・・ (2022-08-11 23:20)
 新作鞘塗り⑭ 錆付け・・・ (2022-08-11 12:12)
 新作鞘塗り⑬ 切粉地固め・・・ (2022-08-10 11:32)
 新作鞘塗り⑫ 切粉地付け・・・ (2022-08-08 19:40)
 新作鞘塗り⑪ 地固め・・・ (2022-08-06 23:02)

Posted by 瑞緒(ミズオ) at 09:56│Comments(0)鞘塗り
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。