2011年02月17日

またまた九大病院へ・・・

またまた九大病院へ・・・

今日は自宅作業の後、車で塗料屋さんや工場へ、材料の仕入れに・・・。

そして、粕屋の工場へ行った後、先日の火曜と同様、またしても九大病院へ叔母のお見舞いに行く。

 駐車場の方向から歩いてくると、病棟でかいっす!
またまた九大病院へ・・・
 うむむ!新病棟の対面にあるこの建物。相当古いし、なんか見覚えがあるような・・・
またまた九大病院へ・・・

叔母は良くない状態であったので、その後の経過が気になっていたところ。しかし、、、病室に入ると本人がいない!!看護士さんのお話だと、なんと散歩に出ているとのことだった。だいぶ回復したのだと思い、ホッとした。

この前は集中治療室(ICU)に入っているのだとばかり思っていたが、実はCCU(冠状動脈疾患管理室)にいたということが判明。しかし、集中治療室とは同じエリア内。やはり、かなり危ない状態だったことは確かだ。

☆Coronary Care Unitの略で冠状動脈疾患管理室と呼ばれ、主に心筋梗塞などの冠状動脈疾患の急性危機状態の患者を収容し、厳重な監視モニター下で持続的に管理する部門( 医療法人社団茜会HP抜粋)

やはり叔母の病室にも監視カメラがふたつあり・・・でっかい目玉みたいなヤツだった。モニター用カメラということか??見張られている感じ。

この前脈拍とかを映してしたモニターは停止。映っていない方がホッとするね。(これも二台あり。相当厳重やね~)

そうこうするうちにおばが散歩から戻ってきたので、あれこれと昔の話をした。私がオタフク風邪にかかったとき、うちの両親は仕事でヨーロッパに行っていて、粕屋の祖父母宅(叔母も同居)に預けられていた。そして、私を車で九大病院に連れてきたのは叔母だった。何の因果か・・・。

先日のブログでは、昔の九大病院のことを「ボロっちい・・・」などと失礼な表現をしてしまったが、今日は叔母の口から「昔の九大病院って、ボロっちかったやないね・・・」と出た時は苦笑した。やっぱり親戚同士やね。(しかも叔母と私は同じ誕生日なのである)


タグ :九大病院

同じカテゴリー(よもやま話)の記事画像
台風への備え・・・
倍返しはイヤ~death!!
梅雨末期~梅雨明け工房・・・
駆け足で終わった6月・・・
コツメブラザーズ・・・
動植物園へ健康散歩・・・
同じカテゴリー(よもやま話)の記事
 台風への備え・・・ (2020-09-06 18:10)
 倍返しはイヤ~death!! (2020-08-20 17:31)
 梅雨末期~梅雨明け工房・・・ (2020-07-29 23:29)
 駆け足で終わった6月・・・ (2020-06-30 11:07)
 コツメブラザーズ・・・ (2020-06-29 12:42)
 動植物園へ健康散歩・・・ (2020-06-25 23:21)

Posted by 瑞緒(ミズオ) at 21:07│Comments(0)よもやま話
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。