2018年05月14日

「にわか面」螺鈿装飾が完成・・・

「にわか面」螺鈿装飾が完成・・・

4月になって急に知人から依頼のあった
三味線糸巻「にわか面」螺鈿装飾が本日完成しました。先程納品です。


 やはり、黒檀に螺鈿は映えます。


 5mm幅の螺鈿ライン組み上げは、凹みへの現物合わせで。結構精度が必要でした。


 黒檀は堅めの木材ですが、きめが細かいのか、
 こうした直線的な加工では結構削りやすい素材であることが分かりました。


 今回もまた新たな発見や課題が見つかりました。ご注文毎に勉強です。。。


 こちらはデザイン画です。


☆この「にわか面」、あの博多を代表する老舗=にわか煎餅『東雲堂』様が商標登録されてらっしゃるもの。
 今回の装飾では、本家本元の「にわか面」を少し乙女風に表情を変化させたデザインにしておりますが、
 『東雲堂』様に使用の可否を問い合わせたところ、快くご承諾頂きました。
 この場を借りまして、改めて感謝申し上げます。  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 19:33Comments(0)螺鈿(らでん)・貝細工楽器装飾

2018年04月25日

諸々立て込んできました・・・

諸々立て込んできました・・・

かなり久しぶりのブログ更新です。
(約1ヶ月ぶりでしょうか~汗 FBでは記事アップしておりますが。。。)

ちょっとここに来て、また立て込んできました。



 貝殻加工のお仕事も。。。
 バキバキやっております(^^;



 ギター蒔絵の制作は、絵柄の下塗りが終わり、、、


 諸々下準備した後に、やっと龍の蒔絵を開始です。
 一番の見せ所である龍の顔から。。。
 まだ先は長い感じですが、頑張りましょう。

今年の目標からすると、、、もっと飛ばさないといけないですね~(^^;  


2018年01月18日

今年の初納品・・・

今年の初納品・・・

年末にご依頼のあった琵琶半月と覆手が先日完成し、
今年最初の納品となりました。


 手前の覆手(ふくじゅ)は厚みを確保するのに腐心、、、
 奥手の半月は面積を確保するのに腐心。
 今回のものも、白蝶貝のピックアップとトリーミングに苦労しました。

半月は曲面体であるため、貝殻内の異物やひび割れが浮き出やすく、
なかなか思うようにいかないので、失敗してやり直すことも多いです。


 更に、、、半月状の穴の透かしや先っぽを細らせる作業は特に気を使います。。。


 透かしは、ドリルで穴を空けてから、その穴に糸鋸を通して切削します。
 今回は、難しい透かし部分の微妙な研磨を、
 糸鋸をヤスリ代わりに使って行うという新しい技を会得しました。
 これで、以前より作業が少し楽になりました。。。

今回は琵琶職人の方へ納品ということで、
先日の納品の際、仮置きしてみました。


 半月はいかがでしょうか?


 穴に対して、ほんの少し大きめのようです。
 貝の厚みは充分とのこと。良かったです。


 覆手も置いてみました。
 やはりこちらも底面の穴に対して少しキツキツなので、
 あとはお客様(製作者)の方で木地の方を削って嵌め込まれることとなります。

全体的には「美しい」というご評価を頂きホッとしました。
納品先のご依頼主様(琵琶の持ち主)にもご満足頂ければと思います。


貝アクセサリーパーツもこのほど完成し、本日お客様宛に発送しました。
短納期ご依頼品で今年二つ目の納品となります。


 白蝶貝、黒蝶貝で製作しています。
 彫刻と、磨き仕上げまで。


 富士山。私も大好きなモチーフですが、
 ご依頼主ご自身で描き起こした可愛いデザインとなっております(^^)


 家のモチーフ。こちらも可愛いですね!


 重なり合った瓢箪。白蝶貝で作っております。


 黒蝶貝楕円パーツ。


 白蝶貝楕円パーツです。


貝殻の真珠層は、磨くと本当にいろんな表情を見せてくれます。
次の製作に向けて、モチベーションを上げてくれますね。
また頑張りましょう。


 


  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 12:34Comments(0)制作日記螺鈿(らでん)・貝細工楽器装飾

2017年12月31日

2017年 工房仕事納め・・・

2017年 工房仕事納め・・・

昨日30日は工房の仕事納め。今年も色々ありました。。。


 工房の外壁がだいぶ傷んできました。そろそろ塗り直ししないと。。。



 今年最後のカット。


 大枠で成形をしておきましょう。


 うちのアワビエースくん。年末年始の工房お守りお願いします(^^)/
 今年もお世話になりました。

それでは皆様良いお年を!
  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 13:49Comments(0)制作日記螺鈿(らでん)・貝細工

2017年12月28日

今年最後のご注文・・・

今年最後のご注文・・・

久しぶりに琵琶の半月と覆手(福寿)製作のご依頼。
お越しになったお客様と、工芸についてアレコレお話も。。。
今年最後のご注文となることでしょう(^^)


 サンプルとしてお預かりした象牙製の半月と木製の覆手。


 覆手の部分をフィルムトレース。


 特に半月というのは結構サイズが大きく、面積を必要としますので、
 果たして今うちにある白蝶貝で対応できるか、かなり不安です(^^;
 大きい貝殻は、本当に入手が難しい時代になってきました。。。


 先日東京へ行った際に鑑賞してきた工芸品の話で
 お客様と盛り上がりました(^^)/

さて、今年も残すところあと4日。
かなり長期にわたってお預かりしている品々にも装飾を施さねばなりませんが、
年をまたいでの制作となりそうです。

年末年始のお休みを数日頂きますが、、、
引き続きお仕事も頑張って参りましょう。


  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 03:15Comments(0)制作日記螺鈿(らでん)・貝細工楽器装飾

2017年12月12日

インレイがやっと完成・・・

インレイがやっと完成・・・

ヴァイオリンのテールピースインレイがやっと完成しました。


 テールピース本体を彫刻する作業。


 猫型インレイを嵌めてみて、まだ出っ張っている箇所にマーキング。


 マジックペンのマークが消えるまで研磨。
 インレイの形状がテールピースの曲面に合うまで、この作業を数回繰り返します。


 #800~#2000の番手まで研磨。


 接着→隙間の埋め込み→清掃→艶消しクリヤー塗布 という工程で、完成に至りました。


今回の製作は、度重なる中断の後、やっと完成にこぎつけた、、、という感じです。
お客様には大変お待たせすることになり恐縮しておりましたが、
何とか出来上がり、ホッとしています。

曲面へのインレイは本当に大変ですね。
改めてその難しさを痛感しました。  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 23:11Comments(0)制作日記螺鈿(らでん)・貝細工楽器装飾

2017年12月06日

12月に入りましたが・・・

12月に入りましたが・・・

もう12月に入って、いよいよ今年も残り1ヶ月を切りました。
しかしながら、やり残したことも多く、しっかり終わらせていかなければなりません。
但し焦りは禁物です。いつものごとく、失敗が多くなりますので。

それにしても、先月は貝殻パーツ加工の多い月でした。
色々とコリコリ削っていたような気がします。


 新型の糸鋸刃でカット。


 円形パーツを幾つか。。。


 特殊形状のパーツ加工も。。。


 このパーツにはロゴマークを刻印。


 レーザー加工した家紋型パーツ。


 猫型インレイの作業は、現在も続いております。急がねば!




  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 23:42Comments(0)制作日記螺鈿(らでん)・貝細工

2017年11月15日

貝殻加工は次の段階へ・・・

貝殻加工は次の段階へ・・・

白蝶貝や夜光貝の加工作業は、ほぼ終わってきました。
これから次の段階へ進みましょう。


 ヴァイオリンテールピースへのインレイ(貝象嵌)は、猫形状加工がほぼ終わりました。
 やはり、3次元形状に近いものですから、結構難しかったです。
 猫形状の調整やテールピースへの象嵌など、まだまだ作業が残っております。


 猫の皆さん、しっかりと輝けるよう宜しくお願いします。


 この円形パーツは、レーザー加工用のベースになります。
 表面に家紋の彫刻を施す予定です。


 こちらはアクセサリーパーツの形状加工。
 一つは失敗した時の予備なので、途中まで。
 一部にレーザー彫刻を施します。

博多駅のイルミネーションも点燈し、いよいよ年末が差し迫ってきました。
今年掲げている工房目標の漢字一字=「打」に向かって、
最後まで何とか走り続けたいと思います!!

  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 23:18Comments(0)制作日記螺鈿(らでん)・貝細工

2017年11月11日

年末に向けて・・・

年末に向けて・・・

最近は、自宅で諸々作業しております。
修理、螺鈿細工の作業を幾つか、、、
何と言っても、塗り・蒔絵のご注文ではデザインや図面も起こさないと。。。
中々こなせないでおりますが、これからもう年末に入ってきますね~早い(^^;


 追加でご注文頂いた、重箱とお盆の修理作業。こちらはだいぶ進んできました。。。


 外れていた取っ手はしっかりくっついて、、、最終段階へ。。。


 こちらは、、、研究作業続く。。。


 胡粉の目をさらに細かくして、、、


 複数物件をまとめて作業。。。研ぎ入れましょう!  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 23:13Comments(0)制作日記螺鈿(らでん)・貝細工漆塗り

2017年10月26日

インレイ作業を再開・・・

インレイ作業を再開・・・

ヴァイオリン~テールピースへのインレイ作業を再開しました。
なかなか他物件の関係で長期間手を付けられないでおりましたが、
これからピッチを上げて行かなければなりません。


 暫く前に作っていたインレイのベースを、
 更にテールピース曲面に合うように加工。


 猫の型紙を貼って、、、


 大枠で形状加工。


 糸鋸で、細部を削ります。


 慎重に。。。

  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 22:08Comments(0)制作日記螺鈿(らでん)・貝細工

2017年08月21日

テールピースへインレイ・・・

テールピースへインレイ・・・

ヴァイオリンのテールピースへ、
今度は猫型インレイを施すというご依頼です。


 まずは図面を起こして。。。今度は厚貝象嵌となります。
 白蝶貝から切り出して、一から削り出した猫型を嵌め込む予定です。


 ご依頼のテールピース6個。
 今回も塗りが施された既製の品物です。
 しかも曲面ですので、猫型インレイの表面と
 ピースのツラを合わせるのが難しいでしょう。
 頑張ります~。  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 22:29Comments(0)制作日記螺鈿(らでん)・貝細工

2017年08月18日

ヴァイオリンペグ&ピンへのインレイ・・・

ヴァイオリンペグ&ピンへの螺鈿象嵌・・・

数ヵ月前よりご依頼を受けておりました、
ヴァイオリンペグ&ピンへのインレイ(螺鈿象嵌)が先日完了し、
お客様へ無事納品出来ました。


 完成写真です。
 ☆インレイ形状はネコの肉球という面白いご要望!


 象嵌後に保護膜としてクリヤーを塗った後の、乾燥時の様子。
 ペグは表、裏の両面にインレイを施しています。
 

想定以上にサイズがピッタリ過ぎて螺鈿が嵌らず、
微調整しての象嵌と相成りました~汗

しかしながら、これも瓢箪から駒で、
ピッタリ嵌った感が出た仕上がりの良さに繋がりました。

  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 23:26Comments(0)制作日記螺鈿(らでん)・貝細工

2017年08月10日

螺鈿鞘のご紹介・・・

螺鈿鞘のご紹介・・・

3月から6月にかけて制作した、総螺鈿貼りの鞘『黒漆蝋色塗龍鱗紋様螺鈿鞘』のご紹介。
約5500ピースの螺鈿をグラフィックソフトで図面化し、龍の鱗を表現しました。

東京の刀剣販売会社「葵美術」様から制作を依頼されました。
ご注文はロンドン在住のクライアントとなります。

自作のオリジナル作品としては初の海外納品。もうすぐロンドンへ旅立ちます。



 作品コンセプトは一匹の龍。龍の体を一本の鞘に見立て、その鱗紋様を螺鈿で表現しました。


 当工房に送られてきた鞘。
 鞘は2本作られ、普段はこのような白木作りの白鞘に真剣(古刀)が収められ保管されます。
 観賞時には、装飾入りの鞘へ特別に真剣が収められます。


 鯉口の接着。


 絹着せ作業。強靭な下地とするため、シルクを纏わせます。


 絹地を漆で固めたところ。


 何重にも下地を重ね塗りしていきます。
 下地には、上新粉、土、漆などが使われます。
 今回の下地は、一切の妥協、手抜きなく、伝統的な「本堅地」と言われる堅牢な手法で仕上げました。


 生漆で下地を塗っている様子。
 下地は常に塗り固めながら、次の工程へ進みます。


 黒漆による中塗りが終わったところ。


 アナログとデジタルの両方の手法を使って、約5500ピースの螺鈿パーツを図面化し、加工しました。
 青みの特に強いアワビ薄貝を選抜し、螺鈿同士に毛一本程の隙間が空くよう、デジタル調整。



 螺鈿パーツの下書きと組み上げの様子。


 パーツカットと確認作業。


 一枚一枚、根気強く正確に漆で貼っていきます。


 螺鈿の上から黒漆を塗り重ねます。


 炭による水研ぎの様子。


 塗り、研ぎ、磨きを繰り返し、、、
 最後は手で磨きます。


 クライアントのご要望により、当工房の銘を入れました。
 栗形(組み紐を結びつける留め具)の裏側に工房名を黒漆で書き入れます。


 銘を入れた様子。


 完成状態。鯉口、栗形付近の様子。


 鐺付近の様子。


 完成した全体像。


 梱包前の全体像。


今回は、日本美術に対する深い敬愛を持たれていらっしゃる
海外のお客様からのご注文ということもありまして、
イメージ作りから制作全般に渡ってグレードの高さを求められる仕事でした。
幾つかの課題を何とかクリヤーし、今後の飛躍につながる仕事であったと振り返っております。

お客様には、今回素晴らしいご依頼とテーマを頂いたことに深く感謝申し上げます。



  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 00:00Comments(2)螺鈿(らでん)・貝細工漆塗り

2017年07月10日

雨の合間に貝磨き・・・

雨の合間に貝磨き・・・

先日の土曜は、束の間の晴れ間!?を利用して、また貝磨きです!
雲間から差す日差しは強烈でしたので、、、パラソルを発動!!


 久々に、この体制~。


 #400のペーパーディスクで中研ぎ。
 工房ではここまでやって、、、
 後は自宅で番手を上げたペーパーで手研ぎ→そして最終磨き作業へ。


 あやや!!ゴロゴロと音がっ!!
 また例の軍団がどこかに向かっています。
 もう程々にして下さい、どうか~((+_+))


 切り株くん、見守っていて下さい~。


 急に巻き上げるような風が吹いて~~~
 お天道さまにはかなわんです(-_-;)

  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 00:38Comments(0)制作日記螺鈿(らでん)・貝細工

2017年07月03日

久々の貝殻加工・・・

久々の貝殻加工・・・

昨日は久々の工房で貝殻加工。
新しい仲間も増えて、今後が楽しみです(^^)


 ご無沙汰してました~切り株くん(^^)
 だいぶ周囲も繁ってますね~汗


 すみませ~ん、ちょっくら刈ります。。。


 午前中は貝選び。特々大をば。


 次は入荷した白蝶貝の加工。
 貝殻の端にハミ出たバリを落とします。。。


 そんでもって、表側を粗研磨。。。
 今回の貝殻は、なだらかな曲面で削りやすいです。


 昼間は、新しくこの芸術村に入られた方とお話したり、お客様もいらっしゃったので、、、
 結局夕方に貝研磨の続きをバタバタと!!
 何とかノルマ14枚研磨し終わりました~。


 それにしても、、、暑い(^^; 33℃!?


 いろいろやって日が暮れて。。。


 暑い一日が終わりました~。
 もの凄い数の羽虫たちにブチ当たりながら原チャで帰宅。
 来週もガンバロー。

  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 21:52Comments(0)制作日記螺鈿(らでん)・貝細工

2017年06月30日

修理作業を開始&再開・・・

修理作業を開始&再開・・・

漆塗りや螺鈿の修理作業を開始&再開。
欠損箇所は周囲の塗り等と近い仕上がりにしなければなりませんが、、、
今回も難しい点が幾つか見受けられます。
上手く行くように何とか読み解きながら進めてみましょう。


 重箱の修理。。。
 この部分はコツっと行った所ですね。
 漆が浮き上がってひびが入っているので、彫刻刀で剥がします。


 今回は、まず生漆を塗布して素地固め。



 さて、こちらの品物は、、、
 いよいよ螺鈿修理本番へ。


 螺鈿接着用の呂瀬漆を塗って、、、少し間を置き、乾燥させて粘り気を持たせます。
 幸い!本日結構湿度高し。温度も良し!
 いい感じでセッティングタイム(本作業や本乾燥までの時間)が取れました。


 青貝粉で蒔きつぶし。。。粒の大きさや密度はこんなものでいいでしょう。
 事前テストでは、蒔きつぶす位の密度で既存の螺鈿と
 同様の見えに仕上がっていましたので。


 これからムロに入れて、しっかり乾かしましょう。


今回の写真以外にも、お待たせしているご依頼がだいぶあって大変恐縮ですが、
7月以降に順次進めてまいりますので、今しばらくお待ち下さいm(_ _)m
  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 23:03Comments(0)制作日記螺鈿(らでん)・貝細工漆塗り

2017年05月08日

連休中はじっくりと・・・

連休中はじっくりと・・・



 青貝選定とカット作業。

この連休中は、時々息抜きしつつ、作業場に籠って黙々と螺鈿作業をしておりました。
ちょっと身体的にはしんどい場面もありましたが、
じっくりと素材(青貝材料)と向き合う中で、その深みを幾つか発見することが出来ましたので、
またこれも良し!と思います。  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 12:20Comments(0)制作日記螺鈿(らでん)・貝細工

2017年03月30日

銅鏡飾り完成・・・

銅鏡飾り完成・・・

糸島の国宝「内行花文鏡」をモチーフにして作った飾り品が出来ました。
八葉文様が特徴的なので、発掘者は「内行花文八葉鏡」と名付けたそうです。


 飾り品の全体像です。何かに取り付けられるような造りとなっております。
 素材は、木地、漆、銀箔、アワビ薄貝、玄界灘産の真珠貝、タッセル、革紐、金具であります。


 モチーフは銅鏡ですが、元々の素材にとらわれず、
 八葉文様をクローズアップして、あしらってみました。


 裏側は銀箔切り廻しで。まだら紋様に。。。


 桐箱に入れて。


 感謝状も記載した解説書付き。これは進呈品となります。


糸島の文化、特産物などをテーマに、何か作れないかと前々から考えておりまして、
まずはその第1弾として、このような品を作ってみました。

さて、次は何を企画しましょうかね^^



  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 21:34Comments(0)制作日記螺鈿(らでん)・貝細工漆塗り

2017年02月18日

シェルパーツ作り・・・

シェルパーツ作り・・・


 シェルパーツ矢じり型の試し作り。

大き目の白蝶貝縁側から削り出して作ってみましが、、、
輝き方や異物混入の問題がちらほら。
グレードの高いものを作ろうとすると、貝殻のどこをトリーミングするかが本当に難しいです。

造形しようとする形状において一番美しく光り輝く状態にしないといけないのですが、
真珠層の中には、くすんで光らないところがあり、異物が混入しているスポットもあります。
磨いてみて分かる時もありますし、、、なかなか難儀なんですね~。

真珠層の美しい部分を読み取ったり、光りにかざしてよく確認しながらカットしないといけません。
もっと経験値を積む必要があります。  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 14:56Comments(0)制作日記螺鈿(らでん)・貝細工

2017年02月17日

貝殻加工用品をアレコレ購入・・・

貝殻加工用品をアレコレ購入・・・

昨日は工房でまた貝加工。
その前にホームセンター等でアレコレ購入しました♪


 とある方から教えて頂いたダイヤモンド砥石!!
 ちょいと値段は張りますが、#400ー#1000 と#150ー#600の2タイプをグッディで購入~。
 早速貝殻の平板加工で試してみましたが、、、
 ショイショイ研げます♪ 平らもバッチリ(^^)/


 昨日と今日、、、本当に暖かいですね~。


 切り株くん、、、そろそろ芽吹きのシーズンですか!?


 こちらもホームセンターで購入の「切断砥石 黒砥」なり!!
 ディスクサンダーに取り付けて使うんですが、、、サクサク貝殻カットできます!
 リーズナブルだし、薄刃で使い勝手がいいし、、
 こんな良いもの、早く気づけば良かったです!(泣)

 ☆小さい回転刃の方はダイソーで購入。
   これも細かいカットのところでまぁまぁ使えますね。  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 19:26Comments(0)制作日記螺鈿(らでん)・貝細工