2021年05月24日

栗形の美しさ・・・

栗形の美しさ・・・


栗形の美しさ・・・
 日本刀の鞘に取り付ける「栗形(くりがた)」。
 漆塗りを施して、艶やかな感じに仕上げます。

栗形の美しさ・・・
 こちらは、「鵐目(シトドメ)」という金具。
 栗形の紐通しの穴に嵌め込む金具です。

栗形は、鯉口(こいくち)や鐺(こじり)と同様に鞘にとって重要なパーツで、
下緒(さげお)という組紐を鞘に巻くための留め具です。

いずれのパーツも、水牛の角や金属で出来ていますが、この栗形は水牛の角製。
鞘にあらかじめ彫られている穴に対し、嵌め込むよう接着して取り付けます。
但し、栗形は鞘に対して出っ張ったパーツなので、
ベースの鞘を塗っている時は、ちょっとお邪魔様なもの。
鯉口や鐺はかなり早い段階でくっつけてしまうのですが、、、
栗形をいつ鞘に取り付けるかは、いつも思案のしどころです。

鞘の中塗りが終わって、仕上げの上塗り前に接着することが多いですが、
場合によっては、下地が完了した後や
塗りをほぼ仕上げてから取り付ける場合もあります。

要は、鞘塗りの種類によって取り付けるタイミングを見計らうのが肝心。
全体の工程を考え、作業がしやすい時を選ぶことになるわけですね。


それにしても、栗形はいつ見ても美しい。
文字通り、クリクリっとした丸みのある可愛らしさも(^.^)
今回も、ちゃんと仕上げますからね~♪




同じカテゴリー(制作日記)の記事画像
工房での貝殻整理つづく・・・
お弁当箱 修理完了編・・・
生漆の詰め替え・・・
癒しの必須アイテム・・・
何かと必要な液剤たち・・・
ムシムシの季節到来・・・
同じカテゴリー(制作日記)の記事
 工房での貝殻整理つづく・・・ (2021-06-17 23:21)
 お弁当箱 修理完了編・・・ (2021-06-15 15:46)
 生漆の詰め替え・・・ (2021-06-14 12:23)
 癒しの必須アイテム・・・ (2021-06-11 18:45)
 何かと必要な液剤たち・・・ (2021-06-10 18:23)
 ムシムシの季節到来・・・ (2021-06-09 23:22)

Posted by 瑞緒(ミズオ) at 10:55│Comments(0)制作日記漆塗り鞘塗り
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。