2021年11月23日

出刃くん 漆塗り仕上げ・・・

出刃くん 漆塗り仕上げ・・・

ついで作業からずっと進めていた出刃包丁の柄塗り、、、
やっと仕上げ作業に入りました。


柄本体の上塗りは終わりましたので、
柄縁の最後の塗りをまず行って、、、


磨き前の研ぎを施し、、、このあと摺り漆。


翌日乾燥したところで、柄全体を呂色磨きします。
柄のアサギ色が程良く露出するように、慎重に磨きを進め、、、


最後の摺漆を。。。


そして本日、最後の呂色磨きをして、
螺鈿象嵌前の漆塗り作業はこれで完了です。


だいたいイメージに近いシブい感じに仕上がりました。
表面はボコボコになって、凸ったアサギ色の山の間は深い青渋茶に。

だいぶ荒々しく仕上がりましたが、、、
今回のテーマ、実は『冬の玄界灘』なのであります。(^^)
寒々しいどんよりとした空、そして冷たい季節風にさらされた玄界灘の様子。
波打ち際の泡立ちと潮騒、波間に見える重々しい海中、、、
そんな中で、青緑にチラッと輝く一面ものぞかせてくれます。

厳しい中にも、彩りと美しさを見せる冬の玄界灘の姿は素晴らしく、
そこで揉まれた海の幸もまた美味しい。。。
捌く手にも喜びと感謝が宿る、、、そんな柄塗りの趣向でございますね。
そうですね~この塗りは、、、勝手に『玄界灘塗り』とでも称しましょうか(^.^)


機能性も重視し、感触の良さ、しっかり持てる感を追及。


滑り止めとして、2種の表面仕上がり(肌合い)を設定~
凹凸感のある柄と、磨き上げた艶っつやの黒柄縁がダブル機能します。
☆ちょっと大げさ!(笑)

こんな感じで仕上がった出刃くんの柄塗りですが、
あ~しかしまだ完成はしておらず!!
この後はしっかり螺鈿を作って象嵌せんと~~ですね。
別案件に取り掛かりますんで、、、
果たしていつになることやら。。。(^^;

つづく。。。


  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 18:38Comments(4)漆塗り

2021年11月19日

出刃くん 本体最後の塗り・・・

出刃くん 本体最後の塗り・・・


さて、出刃くんの柄については、昨日の上塗りが乾きましたので
いよいよ最後の塗りに入ります。

しかし、、、その前にやらねばならぬことアリ!(^^;


柄縁については、刀身との境目がボロボロなので、
ここに錆付けをして安定させます。


まずは一回目の錆付けをば。。。
錆(漆+粘土+水)は、あまり一度に厚付けすると中が乾燥しませんので
だいたい2mm程度の厚さまで一旦付けます。

半日ほど乾かして固くなりましたので、
2度目の錆付けも行いました。


そして、いよいよ柄の方であります!
数日前に作った生漆入りのアサギ色漆へ、
更に黒漆を少々混ぜて、更に濃い色目を作ります。


コレ、一見あざやかに見えますが、、、
乾燥しましたら相当濃くなるハズです。
試し塗りで乾燥の色味加減を見ないで、
一か八かでこのままやってみます!(^^;


筆でうっすらと塗った後に、指の出番!
凹みに漆が入って行くよう擦り込みます。


山(凸)の表面は、乾燥後に今日塗った濃い目アサギを磨いて除くので、
ワイプオールでサッと拭いて、出来るだけ薄くしておきましょう。

こういうのは初めての試みですが、
どういう風な表情や色目で仕上がるのか、、、
不安と期待が交錯しますね(・_・;)

つづく。。。
  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 22:07Comments(0)漆塗り

2021年11月18日

アワビパーツにバフがけ・・・

アワビパーツにバフがけ・・・

本日も糸島の工房へ。。。
3日連続というのは、本当に久しぶりであります。


今日は磨き作業工具=ハンドルーターを持ち込んで。。。
ディスクサンダー固定台がそのまま使えて助かりました(^.^)


アワビパーツをミニバフで磨きましょうね~。


工房に行ったのは午後で、、、
今日の午前中は、出刃くんの作業を進めておりました。


先日塗った下塗りのアサギ色漆+生漆は、、、
もうすっかり乾きました。


ということで、研ぎであります。
この研ぎ加減で、最終的な山(炭粉凹凸)の高さをほぼ決めようかと。。。
仕上げへ直結して来るだけに、だいぶ慎重に進めました。


だいたい研ぎが完了。
出っ張ったところは、下地の炭粉が出て来てますね(^^;


握った具合はこれで良い感じ!(^.^)


ということで、次なる塗りを。。。
今回は、古いアサギ色漆(左)と比較的新しいもの(右)をミックス!
古い方は極度に乾燥が遅く、新しいものと混ぜると、
ホドホドに乾燥が遅い漆になると予想しています。

今回はそれが何かと好都合でして、ゆっくり乾燥することで、
凹凸に段差部分に出来やすいチヂミを避けられますし、
アサギ色の発色もだいぶ良くなるでしょう。


凹み部分に漆が溜まり過ぎないよう気を付けて塗り終えました。
今回もまたこんなに鮮やかですが、、、
やっぱりある程度渋く変化した色味になって乾くでしょう。(^_^)

つづく。。。
  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 22:15Comments(0)螺鈿(らでん)・貝細工漆塗り

2021年11月17日

出刃くん 中塗り進める・・・

出刃くん 中塗り進める・・・

炭粉の固めが終わった出刃くん、、、
これから中塗りの開始です。


古くなった青味のアサギ色漆に生漆を結構混ぜて塗ります。
古い漆は乾燥しずらくなってますし、下塗りは濃い目にすることにしてましたので、
活きの良い生漆を半分以上混ぜました~(^.^)
最初はこんなに青いんですけどね。。。


まだ炭粉が高いので、、、
ホドホドにキムワイプに吸わせて際のチヂミを防ぎます。


そして翌日、、、やっぱりこんなに濃くなりました(^^;
元の色味とは全く異なる様相に!
でもしっかり乾きましたね~。

つづく。。。  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 12:33Comments(0)漆塗り

2021年11月14日

出刃くん 炭粉研ぎ・・・

出刃くん 炭粉研ぎ・・・

ついでではなくなった「出刃くん」。
昨日、柄に蒔き付けた炭粉の固めを行って一日乾かしておりましたが、
今日はその研ぎと2回目の固め、、、と思っての作業を。


粗目のペーパーでまずは慎重に手研ぎです。
あれだけたっぷりと漆を吸っていた大粒の炭粉たちのことです、
そんな簡単に中まで乾くはずはない、、、と思ってたらやっぱり!(^^;
表面だけ乾いて、けっこう中はグチュグチュ状態~(;'∀')


ということで、表面をザッと手研ぎしてからは
そこまで研ぎ進めずにサッと水洗い。
低湿度で乾燥させていただけに、
粉の際にチヂミが見当たらないのが幸いでした(^-^;


柄縁や螺鈿を貼る部分にはみ出ていた炭粉を取り除いて、キッチリ清掃しました。
またムロに暫く入っといてもらいましょ~。

つづく。。。  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 18:09Comments(0)漆塗り

2021年11月13日

ついでの出刃くん 炭粉蒔き・・・

ついでの出刃くん 炭粉蒔き・・・

加飾の作業に入った「ついでの出刃くん」。
昨晩は、その最初の作業=炭粉蒔きから。。。


今回は、これまで使ったことのない最大サイズの炭粉を蒔きます。
だいたい粒子の大きさ0.8~1.0mm程度でしょうか。
接着用の生漆を柄に塗って、、、


しっかり蒔き付けました。
このままムロで一晩乾かします~。


そして本日、、、だいたい乾いたようなので
生漆と黒呂色漆を半々に調合した呂瀬漆を純テレピン油で等割し、、、


炭粉に塗って(浸み込ませて)固めを行いました。。。
粉が大きいためか、漆を相当量を吸いますね!(^^;

このように塗った状態ですぐムロに入れると、
粉際にチヂミなどの乾燥トラブルが発生することがありますので、
暫くこのまま常温で置いた後に、ムロに入れて湿気を吸わせ
呂瀬漆を乾燥(硬化)させます。

粉が大きく、高さもあるため、
明日はまた念入りに2度目の固めをしましょうかね。

つづく。。。






  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 17:24Comments(2)漆塗り

2021年11月12日

ついでの出刃くん 加飾へ・・・

ついでの出刃くん 加飾へ・・・

ついでの出刃くん、ついについででは無くなって、、、(^^;
加飾に入って行きます。


まずは中塗り3回目が乾き、、、


しっかり研ぎ入れます。。。

どんな塗りにしようかな~~~と思案した結果、
やったことのないタイプの変わり塗りをすることにしました。
まずは炭粉を蒔いてからのスタートになります。


デザイン図面を起こしてみました。
上手く行くのやら~ですが、、、ともかくやってみましょう(^.^)


この橘の花は、以前に琵琶塗りで使ったオリジナルものです。
ちょっとアレンジ(=萼の部分)を加えて、、、
今回は白蝶貝でなく、何か別の貝にしてみましょう。

つづく。。。


  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 17:40Comments(4)螺鈿(らでん)・貝細工漆塗り

2021年10月30日

ついでの出刃くん 刃も研いで・・・

ついでの出刃くん 刃も研いで・・・


ついでの出刃くんは、1回目の中塗りが終了。


2回目の塗りに行く手前で、、、刃~汚いですな!っと思い、
ペーパーで砥いで少し綺麗にしておくことにしました。

本当は『砥ぎ』に行きたいところですが、
いま鋭くなってしまうと本当に手を切りかねませんので!!(・_・;)
塗りが終わってから~ということに致しましょう。


刃も塗りも研いで、さぁ~ついで作業で2回目の中塗りと行きましょうか。
つづく。。。  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 17:05Comments(0)漆塗り

2021年10月29日

ついでの出刃くん 中塗りへ・・・

ついでの出刃くん 中塗りへ・・・

ついでだけあって、なかなか順調に進んでいる出刃くん。。。(^^;


錆付けも順調に終わり、、、


しっかり水研ぎして、、、
夜中に研いでいると、日本昔話を思い出します~怖!(;'∀')


だいたいスルッとした肌になりました。


固め~研ぎをまた施して、いよいよ中塗りへ~。


加装するとなると、ここからがまた長いでしょうが、、、
ついでなので、中塗りまでは早く進むことでしょう。

つづく。。。


  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 18:11Comments(0)漆塗り

2021年10月27日

ついでの出刃くん 下地作り・・・

ついでの出刃くん 下地作り・・・

作業のついでに塗りを行っている出刃くん。。。
2度目の木固めが終わり、現在は下地作りに着手しております。


昨日、これもまた作業で余った分で切粉地付けしました。
今日はもうしっかり乾いており、これから研磨です。


しっかりと水研ぎです。
ベース木地の曲面がちょっと歪み気味だったので
矯正する感じで丁寧にペーパーで研磨。


握りの具合も確認して、、、(^.^)
ま~良い感じですかね~。


おっと!忘れるところだった~
柄縁との接続部にはみ出た切粉地も研磨しておかないと~(^^;


水気をドライヤーで飛ばしてしっかり乾燥させてから
生漆で固めをば。。。

次は錆付けですね~。
また余ったので付けて行きましょう。
つづく。。。


  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 12:42Comments(0)漆塗り

2021年10月24日

ついでの出刃くん つづき・・・

ついでの出刃くん つづき・・・


先日つくった麦漆の残りを使って、柄のパーツの接着です。


刃の根元で外し気味になっているこの黒いパーツは、
日本刀拵で言うと「柄縁」という工作品になります。
只の出刃包丁なので、さすがに黒水牛の角で出来てはいませんが~(^^;
まずは接続部分の木地を研いで、、、


麦漆をペタペタとたっぷり目に塗ります。。。


そして、ぶにゅっと!!


はみ出た麦漆はワイプオールで拭き取ります。

これだけたっぷり目に付けた麦漆はなかなか乾きません。
このまま暫く数日は乾燥させましょ~。

つづく。。。
  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 16:04Comments(0)漆塗り

2021年10月22日

作業のついで君が増える・・・

作業のついで君が増える・・・

作業のついで君が一つ加わりました~。
この前、魚をさばく時に余りにもみっともなかった出刃くんです(^.^)


博多豊勝の出刃包丁。刃もボロボロ(^^;
これは整備せんと!


まずは柄から~。研ぎ入れます。


柄の肌もしっかり研ぎ入れます。。。


まずは生漆で木固めをば~。


こちらのついで君=お箸たちはここまで進んでおり、同じく研ぎ入れて、、、


も一回生漆で固めます。

つづく。。。
  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 14:44Comments(0)漆塗り

2021年10月21日

木粉づくり・・・

木粉づくり・・・

最近は何かと刻苧(こくそ/漆パテ)を作ることが多くなっておりますが、
また今回の難しい「直し」ご依頼品でも必要になって参りました。

今回作る刻苧は、上新粉を使った糊漆に木粉を綿を入れることにしましたが、、、
ご依頼品が黒い木材ですので、使う木粉も同様の黒い材を用意します。
と言っても、いま黒い木粉が当方にはないので、そこから作ることに。。。


木粉づくりの様子。金ヤスリで黒い木材をコシコシと。。。
紙ヤスリだとヤスリの粉が含有してしまうのでアウト!なんです。
やっぱり金ヤスリでないと~。


ま~このくらいあれば充分かと。。。

しかし、木粉は刻苧作っているとみるみる消費するんですね~。
これは、木粉が刻苧に占める割合が多いからなんですが、
意外とこの半分はすぐに使ってしまうことでしょう。
指先にも満たないたったこの量を作るだけでも40分はかかってるのに、、、(^^;  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 13:12Comments(0)漆塗り

2021年10月20日

難しいミッション・・・

難しいミッション・・・

先日、直すのが難しい修理ご依頼案件が入ってきました。
このミッションを遂行するため、道具の確認と整備を。。。

今回の作業では微細なカットが必要になり、
それを可能とするため、刃物を何にするか、、、


これはごく普通に販売されているデザインカッター替刃ですが、
砥石で砥いで更に鋭利にして対応することに。
まずは中目の砥石で粗砥です。。。


次は細目の砥石で、丁寧に砥ぎます。
力を入れ過ぎず、同じ角度で~というのが難しいですが、、、


ま~何とか元々の刃よりは切れそうな感じに。。。

今回の作業では使っていると直ぐに刃先が丸まりそうなので、
作業中も砥ぎ入れしそうです。


次に、細かい漆の作業もあるため、竹串を準備です。。。


いま手持ちの「7人の竹串侍」たち(^.^)
先っぽをカッターの刃の裏でトギトギして、整備して使いましょう。


麦漆を作って、、、まずは親分に塗りっ鼻をお願いしましょ~(^^)/
つづけ、竹串侍たち!(^.^)

  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 12:26Comments(2)漆塗り

2021年10月15日

お箸修理その3・・・

お箸修理その3・・・

またまたお箸修理の続きを。。。
柄頭と柄縁の黒水牛パーツを塗るという鞘塗り作業のついでに、
今度はもう一組のお箸をやっちゃいます。。。


こちらもう一組のお箸は、まず先っぽの手前をマスキングして、、、


剥き出しになっているお箸先っぽには、生漆をたっぷり目に塗っちゃいます。
と言っても厚塗りし過ぎは厳禁です!!そこら辺はホドホドに。


さぁ次は、少し粗目の炭粉を用意しまして、、、


大き目の平筆を使い、生漆が塗られた部分に炭粉をしっかり蒔き付けます。。。
お口が当たる部分は、このように炭粉で固めておくと強くなります。
さて、このまま暫く室(むろ)に入ってもらって乾燥ですね。

昨日刻苧(こくそ)を付けた方のお箸はだいぶ乾いてきましたが
この炭粉蒔き付けのお箸と共に、もう一晩は室で寝てもらいましょう(^_^)

  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 18:15Comments(0)漆塗り

2021年10月14日

お箸修理その2・・・

お箸修理その2・・・

今朝方は、昨晩くっつけた栗形と鞘の隙間を
刻苧(こくそ/小麦粉・綿・木粉入り漆パテ)で埋めておりましたが、
その残りを早速そのままお箸修理に使い回しです。。。(^^)


余りの刻苧(こくそ)はちょっとなので、
折れかかったお箸の方だけ付けることに。
予定では余った漆を使って炭粉を蒔き付けるつもりだったのですが、、、
そっか!刻苧の方が繊維質で強力かも~と思い、
手間はかかりますがナンとかお箸の先っぽにくっつけようと試みました。


ピンセットや竹べらでコツコツと下付けしてから、、、
うちの得意技=剥離シート叩きをば!ペタペタ~。


うん、ちょっと太いけどこんなもんじゃ~ないかと。
思った以上にうまく行きました。

さて、これは初めての試みですばい~
しっかり補強できるでしょうか?(^^;

刻苧はサーフボードのグラスファイバー入りエポキシ樹脂のようなもの。
もちろんそこまで強固ではないでしょうが、
何とか強力なものに仕上がって欲しいものです~(^.^)
  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 17:54Comments(2)漆塗り

2021年10月13日

お箸修理開始・・・

お箸修理開始・・・

一昨日、夕食を食べていたら、お箸の片方を前歯でボキっと。。。(^^;
幸い完全には折れず、先っぽがちょっと傾き加減になったくらいで済みました。

どうしよ~かな~、もうお役御免になってもらおうかな~と一瞬思いましたが、
ご依頼の鞘塗りも製作中だし、ちょっと塗りが剥げかけているお箸もあるので、
ここは一緒になって修理しちゃえ~~ということに。。。(^.^)


一番手前のお箸が今回折れたもの。
チョイと傾きを真っ直ぐ目に戻してから、まずは研ぎを入れました。


次に木固め、、、たっぷりと生漆を吸わせてから
ワイプオール(紙布巾)で余分な漆を拭き取り、
湿気帯びたカプセル室(むろ)に暫く入ってもらいましょー。

つづく。。。

  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 13:24Comments(0)漆塗り

2021年10月07日

漆下地作業 切粉地編・・・

漆下地作業 切粉地編・・・

9月中旬~は螺鈿作業が多かったのですが、
ひさびさに漆下地作業をしております。

漆塗りの下地は、本当に様々な方法やグレードがあって、
簡易的なものから凄く手間のかかるタイプまであり、
漆以外で使う素材も種々あります。

その中で、下地にどの手法、素材を使うかは、
ご依頼内容・ご予算によって違って来ます。

今回のご依頼では、中の上くらいの下地グレードということになりましたので、
布着せまではせずに、切粉地付けという段階から始めることとしました。
生漆、上新のり、砂、細かい土、水をミックスした、少し粗目の漆パテが切り粉。
それを指やヘラで2回に分けて地付けして行きます。
もちろんその前には、木地の素地調整と生漆での木固めは欠かせません。


切粉を作る様子。いろいろと調合です。。。(^.^)


本作業が終わり、、、2回目で残った僅かな切粉は、いつものごとく端材へ擦り付けて(^^)/

今回は、均一に上手く切粉地付けが出来ました。
しかしま~1回目が終わった後の空研ぎではその研磨粉に要注意!!デス。
何度もこのことを記事にしておりますが、この粉が肌や目に付着すると、、、
それこそキレっキレの強烈な痒みに襲われることとなりますので~(^^;

  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 11:28Comments(0)漆塗り

2021年09月16日

実家で漆器のお宝見つかる・・・

実家で漆器のお宝見つかる・・・

先月、両親から依頼を受けておりましたので、
昨日は実家にある漆器や和箪笥の検分に行って来ました。


こちらは和箪笥。
だいぶ痛みが来ていますが、意匠的に素晴らしく、
私も若いころから記憶に残っている品です。


植物紋様の蒔絵が素晴らしか~です(^^)
松竹梅がテーマで、おめでたい感じですね。


わざと下地の弁柄漆を残すか擦り取るかして、
描き分けているのが面白い~。


唐草模様も随所に施されています。


金具がとれている所を見ると、、、
どうやらベースは銀砂子が散りばめられ、
上から透き漆をかけて、
銀がちょっと金色に見えるよう仕立てられているようです。


しかし、経年変化による何らかの理由で漆が劣化した結果、
銀が焼けて黒ずんでしまっているようですね。

これらを補修するのは大変なので、どうしたものやら、、、
よく考えないと行けないですね~(^^;



さて、もう一つ、、、これはっ!!!
なんか凄い細工が施されてますね~(;'∀')

こちらの品も、母の筑後の本家からもらい受けて来たものだそうですが、、、
炊いたご飯を入れる「おひつ」のようです。


内側を見ると、多少使った形跡はありますが、、、
100年くらいは経っているはずなのに、状態が恐ろしく良いです!!
なんで~!? 使われている漆が上等なのか、それとも?

この様子から下地がしっかりしていることは確かなようですが、
それにしても~ですね!真新しい感じというのが凄い(^_^;) 


台座も素晴らしかっ!!
ちょっとレリーフ調に文字があしらわれています。

おひつが載る天板と裏面はちょっと曇っているので、
おひつ内側の底とともに、摺り漆と磨きを施せば、、、
ま~全体としてピッカピカになるでしょう。

う~ん、私の少ない知識を持ってして考えると、
このおひつは琉球漆器の骨董品ということになりますね。
レリーフ調に施された堆錦(ついきん)や台座の造り・意匠からして
一般的にはそう判断されると思います。


しかも、この幾重にも施された豪華な堆錦は手が込んでいる。
出来栄え、年代物、状態良し、、ということで、どうやらお宝のようです~
が、、、素人の私はどのくらいの価値があるか知る由もなし(^_^;)

その筋の玄人の方が鑑定されたら、また詳しく分かるでしょう。
ともかく大切に保管しておくよう、まずは両親に伝えておきました~(^^)


☆琉球漆器の追記です~。
「おひつ」と思っておりましたが、父が調べたところ
茶道具の一つでお菓子などを入れる「食籠(じきろう)」ではないか?とのことです。
なるほど、そういう茶道具があるとは。。。
いずれにしても、普段使いでない、客人をもてなす品ではあるようですね。(^^)
  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 23:50Comments(2)漆塗り

2021年09月06日

炭粉づくり・・・

炭粉づくり・・・

今日は作業前に、漆塗りで使う炭粉づくり。

元々作っている炭粉があるのですが、
これがちょっと粒が大きめだったので、すり潰してサイズ調整しました。


まずは必要なものを準備。。。
久々の作業なので、やり方を一部忘れているのが逆に良かった!(^^;


空きの大びんに元の炭粉(チョイ大きめ)を入れまして、、、
すり棒でゴリゴリとやります!
この方法は初めてでしたが、炭粉がほとんど散らないで良し!

次回もこのやり方で行こう!(^^)/ 
と言いつつまた忘れたりして。。。(笑)

この後、ゴリゴリっとやったものをフィルターで濾して、
小粒の炭粉を無事作ることが出来ました~。
  


Posted by 瑞緒(ミズオ) at 23:01Comments(0)漆塗り